コラム一覧

留学で英語力はどのくらい伸びるのか?

オーストラリアに留学にするにあたり、そもそも英語力はどのくらい伸びるのか?
出発前に、『どの程度の英語力があれば大丈夫なのか』『どれくらい伸びるのか』といった質問を多く受けますが、ポイントなのは、オーストラリアで何をするかで必要とされる英語力するべき準備が変わってきますし、自分をどんな環境に置くかで英語の伸びは大きく変わります。

必要とされる英語力

ほとんどの学生に当てはまるプランの『語学学校+ワーキング』は、就労をする前に、語学学校へ1-3ヶ月程度通うパターンの事を言います。希望の就労先により語学学校のタイプも異なりますが、大体は一般英語コースを受講する学生がほとんどです。スタートレベルにもよりますが、スムーズに就労へのステップを作りたい場合は、英検準2級、もしくは2級程度のレベルは必要です。また、語学学校で学ぶべきポイントは、『コミュニケーション能力』が最重要です。典型的な日本人の場合、英検やTOEICはそこそこのスコアは持っているけど、日常会話すら出来ないという人が結構多くいます。オーストラリアに滞在すると、衣食住の全てを自分で解決していかないといけません。住む場所や、働く場所、どこのお店で食材を買って、何番のバスに乗ってなど、普段日本でやっているような生活を全て英語でしなくてはいけません。
なので、英語力といっても様々で、ここでは文法力はもちろん大事ですが、さらに大事なのは、『コミュニケーション能力』が大事になります。文法力も並行して学習していく必要はもちろんありますが、語学学校では、特に話す事に力を入れて学習をするといいでしょう。会話に特化したコースを開講している語学学校も多いので、そういった学校を中心に学校選択を行い、ワーキングにスムーズに入っていけるように対策をしましょう。

どれくらい伸びるのか

『語学学校+ワーキング』では、約1年間滞在する学生がほとんどですが、過ごし方により同じ1年間でも英語力の差は、驚くべきほど差が出ます。というのも、語学学校での準備の仕方や、そこで身につけた英語力の差により、就労先の選択肢の幅が影響する為です。英語力がそこまでなければ、日本食レストランや、お土産屋、または日本人観光客のツアーガイドといった仕事になってしまいます。これが悪いワケではないですが、英語を使う頻度が極端に少なくなります。

極端にいうと、英語を使わなくてもオーストラリアで生活が出来る環境を作る事も出来ます。
本来の目的が、オーストラリアで滞在するといったようなものであればいいですが、多くは英語力をきちんとつけて就労体験をするというものだと思います。そうなると、語学学校での英語学習は非常に重要になりますし、準備段階での2カ国(フィリピン・セブ留学)も重要になります。
就労先での英語環境や待遇・時給が大きく異なる為、準備段階で英語力の伸びというのは決まってくると言っていいでしょう。

ABOUT ME
エデュミー
オーストラリアでの留学・ワーホリ情報を配信中!オーストラリアの情報を整理して、留学やワーホリに参加したい人がいつでもアクセス出来るように日々奮闘しています。正しい情報を集めて無駄の無い留学を実現しましょう!