コラム一覧

オーストラリアの消費税と納税について

オーストラリアの消費税は、シドニーオリンピックが開催された2000年に導入されて以来ずっと、『10%』 となります。オーストラリアでは、消費税の事をGST(Goods and Services TAX)と呼ばれており、基本的にはスーパーやコンビニなどの料金表示にはGSTが含まれて表示されています。
オーストラリアに行った時に確認してみるといいですが、レシートにきちんとGSTがいくらになるか表示されています。

※その他東南アジア・世界各国の消費税一覧(2017.6時点)

国名 消費税 国名 消費税
マレーシア 5% 日本 8%
ミャンマー 5% インド 5-15%
シンガポール 7% ニュージーランド 15%
タイ 7% 中国 17%
ドイツ 19% カンボジア 10%
インドネシア 10% ベトナム 10%
フィリピン 12% デンマーク 25%
ノルウェー 25% フランス 20%

消費税が導入される段階で、様々な議論が行われており、食料品や基本的な生活必需品、そして教育費用に消費税はかからない事になっています。オーストラリアの国内の物品やサービスに対するTAXとなりますので、海外サービスに対しては消費税は発生しません。

もちろん、留学生やワーホリに参加する時の学費については、消費税はかかりません。
基本的にオーストラリアでは、消費税は商品の費用に含まれて表示されているケースが多く、その場で計算をする必要ないので、特に気にせず普段の生活を送る事が出来ます。

納税について

オーストラリアでワーホリをする際は収入を得ますので、その為には納税者番号(TFN=Tax File Number)を取得しなければなりません。基本的に、ワーホリなどで収入がある人は、Tax Returnと言っていわゆる『確定申告』をする必要があります。
その為、就労前にはTFNを取得しておきましょう。オーストラリアの税務署のオンラインサービスで申請可能です。

到着して間もない場合は、何かとわからない事も多いと思いますので、
エデュミー・オーストラリアの現地オフィス(ゴールドコースト)にて、一括で無料相談サポートを行なっていますので、
詳細はこちらから確認をお願いします。>>>現地サポート内容

ABOUT ME
エデュミー
オーストラリアでの留学・ワーホリ情報を配信中!オーストラリアの情報を整理して、留学やワーホリに参加したい人がいつでもアクセス出来るように日々奮闘しています。正しい情報を集めて無駄の無い留学を実現しましょう!