コラム一覧

結局ワーホリってどうなの?

ワーホリってそもそも何!?

ワーキングホリデーとは、オーストラリアで休暇を過ごす事を目的としている青年(18歳〜30歳)に対して発給されるビザの事を言います。1980年にスタートとしたこの制度は、相手の国の文化を学び交流するという目的で発足しました。この期間では、語学学校での就学は17週間の通学も可能となり、旅行・滞在資金を稼ぐために就労も許可されています。年間で約1万人以上が毎年渡航しており、オーストラリアという国で『学ぶ・遊ぶ・働く』が出来る事が最大の魅力です。

失敗しないワーホリにする為に

ワーホリというと、海外で自由に働きながら生活するという事ですから、憧れる人は年々増加しています。ただ現実はどうなんでしょう。もちろん、ワーホリに参加しようと思った段階で、『海外で生活してみたい』『英語を使って働きたい』といったような漠然とした目標があると思います。
ただ、多くの場合、本当にやりたい事やしたい仕事が出来ない場合が多いです。それは、『英語力』が足りないという事と計画が出来ていないという事につきます。

英語力が足りないという事は

英語力が足りないという事は、結局、英語を使わなくてもいいアルバイトをする事になります。それは必然的に日本食レストランや、お土産屋といったような職種になります。そしてそこで出来た仲間(日本人の場合が多い)と遊んだり、週末も一緒に過ごしたりなど、日本でも体験出来るような事をわざわざオーストラリアでやってしまいます。
それが良い、悪いという事ではなく、ワーホリという1年間の限られた時間の中で、やる必要があるのかというと疑問があります。
ワーホリでの過ごし方にルールはないので、どんな過ごし方をしても本人の自由なのですが、日本を出発する前にやりたいと思っていた事と現地で実際やっている事に大きな差があるのは事実です。もちろん、計画通りにいかない事のほうが多いですから、目標を決めた後はやる事リストを作るなりして、選択と集中が必要になります。
あれこれやってしまうと、結局全て中途半端になりますので常にやるべき事を明確にしておく必要があります。
また、オーストラリアでワーホリをする以上、必ず英語力が必要になります。オーストラリアの語学学校で英語を学習しても良いですし、セブ留学と組み合わせた2カ国留学で短期間で英語力を向上させてからワーホリに参加してもいいでしょう。

ワーホリに参加したときは

ワーホリに参加する理由は、一人ひとり異なりますが、なぜワーホリに参加したのかという事を見失わない為に常に振り返りを行い、限りある時間をまっとう出来るようにしましょう。つい、日本人同士で一緒にいると、楽しい事も多いですし、このような経験もかけがえのない経験になるでしょう。ただ、本当に最初にやりたかった事は忘れずに達成するための環境を自分自身で作りましょう。英語環境を常に作り、新しい経験をどんどんしていきながら、ワーホリに参加して良かったと最後に思える期間を過ごしましょう!

ABOUT ME
エデュミー
オーストラリアでの留学・ワーホリ情報を配信中!オーストラリアの情報を整理して、留学やワーホリに参加したい人がいつでもアクセス出来るように日々奮闘しています。正しい情報を集めて無駄の無い留学を実現しましょう!