キャリア・転職活動・人生

【未経験でも大丈夫】外資系証券・投資銀行への転職!転職方法を公開します!

外資系企業の中でも特に人気がある業界として有名な「証券・投資銀行」は、どうしてそこまで人気があるのでしょうか。一般的なイメージとしては、「カッコイイ」、「稼いでそう」などがありますが、実際はどうなのでしょうか。

結論から言うと、外資系の証券・投資銀行は、稼ぐことができます。特に外資系企業は、新卒採用をしておらず、即戦力人材を採用する傾向があります。しかし、必ずしも即戦力人材かと言うと、そうではありません。

外資系企業への転職でポイントなのは、「常に行動・努力ができるかどうか」がポイントです。今回の記事では、『未経験からの投資銀行への転職』について、特徴や転職方法を解説します。

外資系証券・投資銀行の仕事内容について

そもそも、外資系企業の定義とは、外国の資本が3分の1以上をしめる会社のことを言います。そんな外資系の証券会社、投資銀行のメイン業務はこのようになります。

証券会社・投資銀行のメイン業務

①IDB部門ー顧客企業の為の資金調達、M&Aの提案
②マーケット部門ー為替、株式の販売サポート
③リサーチ部門ー投資するための情報収集&分析
④アセットマネージメント部門ー顧客の資産運用

外資系投資銀行は、『投資銀行業務』と『証券業務』に分かれています。お金の引き出しをしたり、預金をしたりする日本の銀行とは、少し役割が異なります。

また、投資銀行では、部門別にきっちり仕事が分かれており、採用人数も部門によって異なります。部門に関しては、大きく4つに分かれています。詳しく見ていきましょう。

①IDB部門

IDB部門とは、Investment Banking Divisionの略で、投資銀行部門を意味しています。このIDB部門が、投資銀行では、花形部門と言われており、主な業務としては、『企業買収(M&A)のサポート』・『資金調達のサポート』の2つがあります。

企業買収と資金調達の業務は連動しており、例えば、買収案件が出て来れば、買収先と買収元の仲介的な役割を行い、それに伴った株式投資や資金調達についてのコンサルティングを行います。

IDB部門は、企業買収のコンサルをすることによるコンサル費用が主な売上となります。

②マーケット部門

マーケット部門は、基本的に株式や為替などの「金融商品」の売買や営業を行っている部門です。顧客層としては、銀行や保険会社などが多く、その層に対して金融商品の営業を行うことによる手数料が売上となります。

③リサーチ部門

リサーチ部門は、債権や株式などの金融商品をベースに、為替なども分析した上で、顧客に対して適切な投資ができるようにリサーチを行う部門です。一般的には、投資アナリストと呼ばれていますが、どれだけ信用性のある情報を調べて、提供できるかが、アナリストの役目となっています。

④アセットマネジメント部門

アセットマネジメント部門は、顧客である企業や個人の資産を運用する部門です。アセットマネジメントは、部門でありながらも基本的には、投資銀行とは別会社で運営することが多く、顧客から預かった資金を増やす為に、金融商品の取り扱いを行っています。

外資系の投資銀行まとめ

いかがでしょうか。投資銀行とゆっても、担当する部門によって仕事内容は大きく異なります。外資系投資銀行に転職をしたい場合は、自分が担当したい部門で募集が行われているかを確認しましょう。

【外資系銀行】とにかく稼ぎたいなら、投資銀行に転職すべき外資系企業、特に投資銀行といえば、『給料が良い』、『なんかカッコイイ』、『モテそう』といったようなイメージを持つ方も多いと思います。外資...

外資系証券・投資銀行に転職するメリット・デメリットを解説

外資系証券・投資銀行は、成果を出していれば、がっつり稼ぐことができるというメリットもありますが、もちろん、デメリットもあります。両方を把握した上で、自分に向いているかどうかを決めましょう。

【外資系転職が向いている人】の『5つ』の特徴を解説します。さて、ここ最近外資系企業への転職相談が圧倒的に増えてきています。外資系転職の相談が増えた理由は大きく分けて2つあります。 ...

外資系証券、投資銀行のメリット

日系企業と比較すると、大きく異なる部分は、成果主義の世界ということです。外資系企業では、成果を出せば、稼ぐことができますし、逆に成果を出せないと、稼げません。

つまり、成果をあげていれば、勤続年数や性別は関係なく、きちんと評価体制が整っています。

メリット

①成果主義の世界
②給料が高い
③ON/OFFの切り替えができる
④海外赴任も可能
⑤専門知識を増やすことができる

①成果主義の世界

日系企業では、年功序列制度というものがあります。これは、勤続年数が長ければ長いほど、役職や報酬が上がっていくシステムです。一方、外資系企業では、成果を出しているかどうかが全てです。

成果さえ出していれば、若くてもキャリアアップすることができ、また、大きな仕事を任されることもあります。

②給料が高い

日系企業のように「残業している→頑張っている→評価が高くなる」という謎ルールがありません。評価制度がきっちりしていますので、成果に応じた報酬を貰うことができます。

【徹底分析】外資系企業に転職する人が考えている『共通目的』とは?外資系企業といえば、『給料が良い』、『なんかカッコイイ』、『モテそう』といったようなイメージを持つ方も多いと思います。外資系企業の特徴を...

③ON/OFFの切り替えができる

外資系企業では、「残業=仕事ができない」と評価されてしまいます。その為、基本的に就業時間内に担当する業務を終えて、サクッと帰宅することが普通です。また、有給休暇も全取得が基本です。

ON/OFFの切り替えをしっかり行い、仕事とプライベートのバランスをしっかり取ることができるので、女性でも活躍できる機会が多いです。

④海外赴任も可能

結果を出せば出すほど、どんどん仕事も増え、責任ある仕事を任されていきます。順調に経験を積んでいけば、本社勤務をすることも可能です。将来的に海外で仕事をやってみたいという人は、このパターンで海外勤務を実現することが報酬面では非常に条件が良いです。

【海外就職!】現地採用と海外駐在員はこんなに違う?!海外留学やインターンシップを終えた人は、海外就職を目指す人も多いと思います。今回の記事では、海外で就職先を探す時に重要な、『現地採用』・...

⑤専門知識を増やすことができる

外資系銀行では、各部門しっかりと役割分担がされています。というのも、各部門でやっていることが専門分野すぎるので、各部門できちんと区別して仕事をしています。その為、専門分野の知識を一気に身に付けることができます。

このような面も外資系企業の特徴ともいえます。日系企業であれば、役割分担以上に他の人の仕事を手伝ったりしますが、外資系では、担当する仕事に集中できる環境が整っています。

外資系証券、投資銀行のデメリット

外資系証券、投資銀行のメリットの解説をしてきましたが、いかがでしょうか。次にデメリットも見ていきましょう。デメリットとして、福利厚生が最低限であることが特徴です。詳しく見ていきましょう。

デメリット

①常に成果を求められる
②成果によって給料が前後する
③福利厚生が最低限である
④本社のマネージメントに左右される

①常に成果を求められる

成果主義の世界なので、常に成果を出し続けることを求められます。日々努力を怠らず、行動をすることが重要です。もちろん、成果を出せないときもあります。それは問題ありません。

ポイントなのは、「継続した努力ができるかどうか」だけです。

②成果によって給料が前後する

成果を出せないと、減給対象になってしまったり、インセンティブがなかったりします。成果も出ない、努力もしない状態が続くと、リストラも普通にされてしまいます。その為、常に自分の担当する仕事に対して責任を持って取り組むことが求められます。

③福利厚生が最低限である

外資系企業では、いずれ転職していくという前提で採用を行っていますので、会社としての福利厚生も最低限であることが多いです。日系企業の場合は、終身雇用を前提に、長期雇用を目指していますので、福利厚生が充実していることが多いです。

【外資系の福利厚生は諦めよう!】日系企業との『損』or『得』を比較します!外資系企業といえば、『給料が良い』、『なんかカッコイイ』、『モテそう』といったようなイメージを持つ方も多いと思います。外資系企業と日系企...

④本社のマネージメントに左右される

原則的には本社の意向に沿って仕事を行う形になりますので、どれだけ日本マーケットが順調に進んでいても、本社の一言で全てが変わる可能性もあります。

外資系企業のあるあるですが、本社の意向が全てという現実がありますので、なかなか自分の思う通りに仕事ができないと思う瞬間もでてきます。

外資系証券・投資銀行の転職でよくある質問

外資系証券・投資銀行のメリット・デメリットを解説してきたところで、実際の転職活動でよくある質問についても解説しておきましょう。

本当に未経験でも大丈夫なのか?

もちろん、外資系証券・投資銀行への転職で、前職が同じ業界の場合は、優遇されます。それは、日系企業でも同じです。ですが、転職条件として、業界での経験は必須ではありません。

経験があることよりも、性格やコミュニケーション能力、これまでのキャリア、転職したい理由などが重要視されます。「未経験だから諦める」というよりも、「未経験だけど、営業職として挑戦したい」という気持ちが大切です。

語学力はどれぐらい求められる?

結論から言うと、英語は必要です。ですが、ペラペラである必要はありません。入社後に徐々にレベルアップしていけば問題ありません。日常会話程度あれば、十分です。

外資系転職をする場合は、最低でも650~700点が最低ラインと考えましょう。

効率良く転職を成功させるには?


効率的に転職を成功させるには、転職エージェントを利用することがオススメです。

転職エージェントを利用するメリット

①非公開求人を多数保有している
②利用手数料が無料である
③給料交渉を行ってくれる
④履歴書添削、面接対策をしてくれる

このように、求職者側にとって、転職エージェントを利用しない理由が、逆にありません。無駄な時間をかけずにスムーズに転職を進めたい人は、必ず転職エージェントに登録することをお勧めします。

【徹底解剖】転職エージェントのカラクリ海外留学やインターンシップに参加する方は、帰国後の就職活動についても考えていると思います。そんな時に役に立つのが、転職エージェントの存在...

①非公開求人を多数保有している

転職エージェントだけが保有している求人も多くあります。また求人は水物なので、登録さえしておけば、その時にマッチする求人を紹介してくれます。特定の業界に特化した転職エージェントもありますので、確認しておきましょう。

②利用手数料が無料である

転職エージェントの仕組み的に、求職者(利用する側)が、費用を一切支払う必要はありません。基本的に、求人側が転職エージェント側に支払いする仕組みなので、無料で転職サポートを受けることができます。

転職エージェントの仕組み

<求職者側>:無料で利用可能
<転職エージェント>:就職が決まれば、手数料を求人側から貰う
<求人側>:就職が決まれば、手数料を転職エージェントに支払う

③給料交渉を行ってくれる

上記で解説した通り、転職エージェントの売上(手数料)は、求職者の年収によって決まります。その為、転職エージェントを利用することによって、転職エージェントのスタッフも、企業側に上手く給料交渉をしてくれます。

④履歴書添削、面接対策をしてくれる

転職エージェントは、完全に成果報酬となりますので、求職者を企業に就職させて初めて、企業側より手数料を貰うことができます。その為、履歴書を添削したり、または面接対策をしたりなど、就職できるようにサポートしてくれます。

面接に向けてすること「4つ」

実際に企業への面接に望む前に、次の点を意識して進めていきましょう。

①これまでのキャリアを振り返る
→職務経歴書は非常に重要です。この企業で「どう貢献できるか」を判断されます。
→どういう意図で、これまでのキャリア選択をしてきたのかを説明できるようにしましょう。

②転職エージェントの活用
→非公開求人も多くありますので、効率良く自分に合う企業を見つけることができます。

③面接で聞かれることを想定する
→面接をイメージしながら、自分をしっかりアピールポイントを確認する
→貢献できるということをアピールする

④企業研究を行う
→業界の動向を把握しておく

海外留学やインターンの経験を活かした企業に転職をしたい人は、オンライン英会話サービスを利用して、面接のトレーニングをすることも良いでしょう。

【2021年決定版】本当に身に付くオンライン英会話5選オンライン英会話は、自宅にいながらでも始められる英会話の勉強法として一気に注目を集めています。ですが、オンライン英会話サービスは、種類が...

優良求人が多い転職エージェント3つを紹介

転職活動を上手くするには、転職エージェント選びが重要です。これから紹介する基準をベースに、おすすめの転職エージェントを紹介していきます。

①:優良求人数が多い
②:内定率が高い
③:求人情報を常に更新している

特に、求人情報は変動が多いので、常に情報をアップデートしている求人情報転職エージェントはおすすめです。

顧客満足度No1を多数受賞の【ネオキャリア】

ネオキャリアは、第二新卒・20代専門の転職エージェントで、1人当たり平均10時間の手厚いサポートで、転職サポートを行っています。内定まではもちろんのこと、入社後のアフターケアも安心です。

豊富な経験を持つキャリアアドバイザーが将来像や希望、適正を踏まえた上で求人を紹介してくれます。

また、ネオキャリアが紹介する企業は、キャリアアドバイザーが全て訪問し、おすすめできる企業のみを選定しているので、ミスマッチも少なく、効率的に転職活動を進めることができます。

ネオキャリアの公式ページを見る

迷ってる人は、日本最大級の求人数を掲載の『doda』がオススメ!

dodaは、大手・優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載している転職サイトで、毎週更新される求人特集や、定期的に更新される新着求人からあなたにマッチした求人の検索と応募が可能です。

職種、年齢、経験を問わず、さまざまな方にご利用いただけます。dodaのキャリア専門スタッフが、あなたの希望や適性に合った求人のご紹介をし、その求人数は、非公開求人を含む約10万件以上にもなります。

また、dodaが取り扱っている求人のうち、80%以上が一般には公開されていない非公開求人なので、自分では見つけることができない求人も、dodaに登録することで見つけることができます。

dodaの最大の特徴は、応募書類だけでは伝わらない人柄や志向を推薦状にまとめ、履歴書・職務経歴書に添えて企業にアピールすることで、選考通過を後押ししてくれるところです。

転職ならdodaの公式ページを見る

外資系・グローバル企業・ハイクラス転職なら【JACリクルートメント】

JACリクルートメントは、外資系企業や海外進出企業など、グローバル企業への転職のサポートに特に強みを持っています。

業界・職種に精通した総勢400名の転職コンサルタントが、求職者のこれまでの経歴、今後の展望をヒアリングした上で、適切な求人を紹介しています。

業界屈指の豊富な求人数を誇り、国内大手、外資系、海外進出企業など、JACだからこそ紹介できる優良企業を20代後半〜30代の方を中心に紹介しています。

JAC Recruitmentの公式ページを見る

企業面接で抑えるポイント!

何事でもそうですが、ある程度の『はったり』を言うことは大切です。自分で大きく出て、最終的に帳尻を合わしていくことで限界突破をすることができます。面接でも同様に、いかに自分を企業側に売り込めるかどうかです。採用させることで、企業にどれだけメリットがあるかをきちんとアピールするようにしましょう。

①意思表示をはっきりする。(YES/NO)
②アピールポイントをゴリ押しする。(エピソードトーク)
③自信を持ち、仕事ができる感をしっかり出す

面接では、遠慮をする必要はありません。どんなことができて、どんなスキルを持っているか、ハッタリ気味でもいいので、厚かましくやることも大切です。いかに企業側に将来をイメージさせることができるかが、採用を勝ち取るカギでもあります。

公式LINEでの相談も受け付けています!スマホからの登録方法 スマホでこの記事を読んでいる場合、 下記の友達追加ボタンを押すと、『海外留学・インターンACQUIRE』が出て...

転職相談こちら

ABOUT ME
このブログの運営者 | 妹尾 拓東
海外インターン・留学のマッチングサイト【ACQUIRE】、通信制高校サポート校【bグローバル国際高等学院】、英会話スクール【bグローバルアカデミー】を運営しており、学びの在り方が変わった今こそ、『好きなタイミングで、好きな学び』が出来るように、その時代に合わせた学び場を当ブログをベースに作っています。
海外インターン・留学なら『 ACQUIRE』


ACQUIREは、世界30ヵ国以上への留学、100社以上へのインターンシップのマッチングサービスを運営しています。一人ひとりにぴったりな留学先・インターン先をご案内出来るように、常に情報をアップデートしています。

ACQUIRE公式サイトを見る

あわせて読みたい