キャリア・転職活動・人生

【転職活動は在職中にする!】メリット・デメリットを解説します。

これから転職する人
これから転職する人
転職をしてキャリアアップしたいけど、今の仕事も忙しい・・・・在職中に転職活動って出来るかな・・・

こんな悩みを抱えている人の疑問を解決していきます。

この記事の要約

①在職中に転職活動をするメリット・デメリット
②転職活動の流れ
③在職中に転職活動をする際のポイント

というステップで解説をしていきます。

転職活動を効率的に進めるには、「逆算」が大切です。

①転職先で働き始める時期を決める
②退職が可能な時期を確認する
③準備期間を設定する

準備期間としては、3~4ヶ月程度が一般的です。

なので、3~4ヶ月程度は、在職しながら転職活動を行うイメージです。

このブログの人
このブログの人
在職中に転職活動をするのは、結構キツいですが、何よりも、収入を貰い続けることが大切です。

退職してから転職活動をすると、収入がストップしてしまいますので、無収入からの不安で適切な判断が出来なくなる人が多いです。

ということもあり、

出来るだけ、在職中に転職活動を始めることをおすすめしますが、

メリット・デメリットありますので、解説をしていきますので、参考にしてください。

【元人事が思う】ベストな転職活動のタイミングと準備期間を解説!終身雇用、年功序列が終わりを迎え、転職をすることはむしろ当たり前になりました。 転職活動を計画的に進めるためには、事前準備が必須で...

在職中に転職活動をするメリット・デメリット

在職中に転職活動を行うには、メリットもありますが、もちろんデメリットもあります。

両方を比較した上で決めましょう。

在職中に転職活動をするメリット

この3つのメリットは、非常に大きなメリットになります。

①経済的な不安・心配がない
②空白の期間を作らず、スムーズに転職が出来る
③良い求人が見つからなければ、現職を継続出来る

このメリットは、全て自分を守るためのメリットです。

①経済的な不安・心配がない

特に、退職してから転職活動をする場合は、定期収入がなくなってしまう人がほとんどです。

転職活動が長引けば長引くほど、出費は増えていきます。

転職活動は少なくとも、3~4ヶ月程度はかかってしまいますので、経済的な心配の中、転職活動をしていると、正確な判断ができなくなる場合もあります。

そうならない為に、十分な貯金をしてから退職をするか、在職中に転職活動を開始することがベストです。

【元人事が思う】ベストな転職活動のタイミングと準備期間を解説!終身雇用、年功序列が終わりを迎え、転職をすることはむしろ当たり前になりました。 転職活動を計画的に進めるためには、事前準備が必須で...

②空白の期間を作らず、スムーズに転職が出来る

退職してから空白の期間があると、その期間をマイナス評価する企業があります。

このブログの人
このブログの人
そもそも、その期間をマイナス評価するような企業に行く必要はないと思いますが、もし空白を作る場合は、その理由をしっかり伝えれるようにしておけばOKです。

例えば、スキルアップの為の留学や資格取得といったような理由がしっかりあれば、むしろプラス評価に変えることもできます。

【現役人事が思う】『転職に強い』プログラミングスクールを公開します。情報化社会が進み、どんな業界でもIT技術とは、切っても切れない関係になりました。特に、プログラミングに対する需要はどんどん高まってきてい...

要は、内容によるということです。

③良い求人が見つからなければ、現職を継続出来る

退職してから、転職活動を始めると、

固定収入がストップし、家賃、生活費などの毎月の出費はストップしない

ということなります。

そうなると、基本的には貯金を崩しながらの生活となりますので、転職先をどこかのタイミングで決める必要があります。

そのため、自分にとって納得がいかない企業からの内定でも、受けざる得ない環境になる可能性もあります。

ですが、在職しながらの転職活動をしていれば、微妙な企業の場合は、スルーすればOKなので、じっくり転職活動を進めることができます。

自分の希望に100%マッチする企業を見つけることは難しいですが、少なくとも納得いく企業を見つけることができます。

在職中に転職活動をするデメリット

次に、デメリットも見ていきましょう。

①仕事をしながらなので、時間が少ない
②いつでも面接にいけるわけではない

やはり、仕事をしながらでの転職活動となるので、自分で何とか時間を作ったり、ある程度の制約がある中での活動となります。

①仕事をしながらなので、時間が少ない

仕事をしていると、少なくとも1日8時間程度は取られてしまいます。

繁忙期にもなると、それ以上になる場合もあります。

そのため、仕事が終わり、帰宅してから、「自己分析、企業研究、履歴書作成」などをする必要があります。

企業の募集期間にも期限がありますので、どうしても間に合わないことも出てきてしまいます。

限られた時間の中で、転職活動を行いますので、時間管理が難しいというデメリットがあります。

②いつでも面接にいけるわけではない

ほとんどの企業の面接は、平日に行うことが多いので、

仕事をしながらの場合、日程調整が難しくなります。上手く休みの調整をしながら面接をする必要があります。

在職しながらの場合、先方企業も面接日程の調整など対応してくれることもありますので、

その都度ベースで日程調整をする煩わしさがあります。

転職活動の流れ


在職中に転職活動をするメリット・デメリットを解説した所で、

次に、そもそもの転職活動の流れを見ていきましょう。

転職活動の流れ

①自己分析、情報収集開始
②転職エージェントに登録&求人情報を確認
③履歴書、職務経歴書の作成&面接
④合否判定

自己分析をし始めてから、合否判定までの期間としては、

3~4ヶ月程度かかりますので、逆算して、準備期間を決めていきましょう。

例)2021年1月から転職先で働きたい場合

・9月頃(自己分析)ー転職理由・キャリアの棚卸しを始める
・10月頃ー転職エージェントに登録&求人情報を確認
・11月頃ー履歴書作成&面接を受け始める
・12月頃ー合否判定&退職の意向を伝える

①自己分析、情報収集開始

転職活動をすると決めたら、まずは自己分析をしっかりしましょう。

これまでの経験やスキルの棚卸しを行い、自分の強みと弱みを明確にします。

自己分析を行うことで、「なぜ転職活動をするのか?」 、「どんな仕事をしたいのか?」をしっかりと自分に落とし込むことが大切なので、

自己分析をすることで、業界の絞りこみをスムーズに行うことができます。

【自己紹介と自己PRの違い】賢く転職活動を進める方法を解説します。働き方改革が進み、副業(複業)、リモートワークや在宅勤務といったワークスタイルが当たり前になり、また、終身雇用制度も終わりを迎え、一度や...

②転職エージェントに登録&求人情報を確認

自己分析が終わり、業界の絞り込みが終われば、転職エージェントに登録をして、企業をリストアップしていきます。

自己分析からの企業リストアップ作業は一番大切です。

どんな会社で働きたいかを明確にすることで、出来る限りミスマッチなく企業選定をすることができます。

このブログの人
このブログの人
自分で企業を見つけるには限界がありますので、まずは転職エージェントに登録をして、企業の紹介をしてもらうとスムーズですよ。

転職エージェントに登録をすることで、

選考期間などのスケジュールを組みやすく、非公開求人の紹介もありますので、有効活用しましょう。

業界大手の転職エージェントを始め、外資系企業に強い転職エージェントを紹介しますので、参考にしてください。

転職ならdodaエージェントサービス | 毎週更新される求人特集
*初心者はまず登録!非公開求人の中から最適な求人を紹介

日経・外資系、大手・優良企業の掲載多数!JACリクルートメント
*大手・優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載している転職サイト

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】
*圧倒的な実績!内定獲得率92%以上

③履歴書、職務経歴書の作成&面接

企業が応募者について知りたいことは、「応募者の長所が何なのか」です。その長所に対して、企業の成長が加速するかどうかです。

この部分を意識しながら、履歴書・職務経歴書を作成するようにしましょう。

【履歴書は本当に大切】転職を考えている人は必読記事です!終身雇用制度や年功序列制度など、いわゆる「日本的雇用」の継続が難しくなった今、一つのキャリアで、一度や二度の転職は当たりまえになりました...

まずは、書類選考なので、ここを通過しないことには、対面面接に進むことができません。

「この応募者と会ってみたい」と思ってもらえるように意識することがポイントです。

対面面接の流れ

①自己紹介・自己PR
②転職理由、志望動機
③企業に貢献できることについて
④希望する働き方について
⑤質問、逆質問

【元人事が思う】転職面接で、逆質問をする大切さを解説します。 これまで、転職活動をした経験がある人は分かると思いますが、 このような疑問を持っている人には、おすすめの記事です。 ...

特に面接の最後に、「何か、質問がありますか?」と聞かれることがありますが、

「特にありません」と答えるのではなく、逆質問をするようにしましょう。

①応募者の意欲を確認する
②自社の社風に合っているかどうかを確認する
③コミュニケーション能力を確認する

【転職理由はこう答える!】現役人事が「転職理由」でチェックしているポイントとは?終身雇用、年功序列が崩壊し、キャリアの中で一度や二度の転職は当たり前になりました。 転職活動をする中で、「転職理由は色々あるけど、...
このブログの人
このブログの人
面接でしっかりとお互いに理解できれば、逆質問の必要はないですが、逆質問はさらに自分をアピールするチャンスでもあります。

④合否判定

企業側より内定の連絡があれば、一般的には1週間以内に入社意思を伝えます。

在職中に内定をもらう場合、現職の退職可能日の確認も同時進行で行っておきましょう。

①転職先で働き始める時期を決める
②退職が可能な時期を確認する
③準備期間を設定する

しっかりとスケジュールを決めることで、スムーズに転職を進めることができます。

在職中に転職活動をする際のポイント


在職しながら転職活動をするにあたってのメリット・デメリットを解説してきましたが、いかがでしょうか。

少しでもスムーズに転職活動を進める参考になっていれば嬉しいです。

転職活動をスムーズに進める為のポイント

①転職エージェントに登録
②有給などを上手く面接の日にあてる
③週末の使い方を意識する

①転職エージェントに登録

転職エージェントは、基本的に無料で利用できますので、登録することが基本です。

また、今すぐに転職をしなくても、企業の募集状況などを共有してくれますので、転職を希望している人は、まず登録をしておきましょう。

①非公開求人を多数保有している
②利用手数料が無料である
③給料交渉を行ってくれる
④履歴書添削、面接対策をしてくれる

【徹底解剖】転職エージェントのカラクリ海外留学やインターンシップに参加する方は、帰国後の就職活動についても考えていると思います。そんな時に役に立つのが、転職エージェントの存在...

②有給などを上手く面接の日にあてる

企業研究、履歴書作成などは、帰宅後にできますが、

実際の面接となると、どうしても時間を先方に合わせる必要が出てきてしまいます。

その場合は、有給休暇を使って対応をしたりして、乗り切りましょう。

転職をしようと思ったら、その段階で有給日数がどれだけあるかを確認します。

③週末の使い方を意識する

在職しながら転職活動をする場合は、

出来るだけ、週末などの休みを利用して、転職エージェントスタッフとの面談、履歴書作成などを行うようにします。

せっかくの休みが潰れてしまいますが、

本気で転職を成功させてたいのであれば、どの部分を我慢するべきかを理解しましょう。

【現役人事が思う】転職に成功する人と失敗する人の「行動の違い」とは?働き方改革が大きく進み、リモートワーク、在宅勤務などが一般的になり、それに伴い、複業(副業)も増えてきました。このように、一つの会社だけ...

優良求人が多い転職エージェント3つを紹介

転職活動を上手くするには、転職エージェント選びが重要です。これから紹介する基準をベースに、おすすめの転職エージェントを紹介していきます。

①:優良求人数が多い
②:内定率が高い
③:求人情報を常に更新している

特に、求人情報は変動が多いので、常に情報をアップデートしている求人情報転職エージェントはおすすめです。

顧客満足度No1を多数受賞の【ネオキャリア】

ネオキャリアは、第二新卒・20代専門の転職エージェントで、1人当たり平均10時間の手厚いサポートで、転職サポートを行っています。内定まではもちろんのこと、入社後のアフターケアも安心です。

豊富な経験を持つキャリアアドバイザーが将来像や希望、適正を踏まえた上で求人を紹介してくれます。

また、ネオキャリアが紹介する企業は、キャリアアドバイザーが全て訪問し、おすすめできる企業のみを選定しているので、ミスマッチも少なく、効率的に転職活動を進めることができます。

ネオキャリアの公式ページを見る

迷ってる人は、日本最大級の求人数を掲載の『doda』がオススメ!

dodaは、大手・優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載している転職サイトで、毎週更新される求人特集や、定期的に更新される新着求人からあなたにマッチした求人の検索と応募が可能です。

職種、年齢、経験を問わず、さまざまな方にご利用いただけます。dodaのキャリア専門スタッフが、あなたの希望や適性に合った求人のご紹介をし、その求人数は、非公開求人を含む約10万件以上にもなります。

また、dodaが取り扱っている求人のうち、80%以上が一般には公開されていない非公開求人なので、自分では見つけることができない求人も、dodaに登録することで見つけることができます。

dodaの最大の特徴は、応募書類だけでは伝わらない人柄や志向を推薦状にまとめ、履歴書・職務経歴書に添えて企業にアピールすることで、選考通過を後押ししてくれるところです。

転職ならdodaの公式ページを見る

外資系・グローバル企業・ハイクラス転職なら【JACリクルートメント】

JACリクルートメントは、外資系企業や海外進出企業など、グローバル企業への転職のサポートに特に強みを持っています。

業界・職種に精通した総勢400名の転職コンサルタントが、求職者のこれまでの経歴、今後の展望をヒアリングした上で、適切な求人を紹介しています。

業界屈指の豊富な求人数を誇り、国内大手、外資系、海外進出企業など、JACだからこそ紹介できる優良企業を20代後半〜30代の方を中心に紹介しています。

JAC Recruitmentの公式ページを見る

企業面接で抑えるポイント!

何事でもそうですが、ある程度の『はったり』を言うことは大切です。自分で大きく出て、最終的に帳尻を合わしていくことで限界突破をすることができます。面接でも同様に、いかに自分を企業側に売り込めるかどうかです。採用させることで、企業にどれだけメリットがあるかをきちんとアピールするようにしましょう。

①意思表示をはっきりする。(YES/NO)
②アピールポイントをゴリ押しする。(エピソードトーク)
③自信を持ち、仕事ができる感をしっかり出す

面接では、遠慮をする必要はありません。どんなことができて、どんなスキルを持っているか、ハッタリ気味でもいいので、厚かましくやることも大切です。いかに企業側に将来をイメージさせることができるかが、採用を勝ち取るカギでもあります。

公式LINEでの相談も受け付けています!スマホからの登録方法 スマホでこの記事を読んでいる場合、 下記の友達追加ボタンを押すと、『海外留学・インターンACQUIRE』が出て...

転職相談こちら

ABOUT ME
このブログの運営者 | 妹尾 拓東
海外インターン・留学のマッチングサイト【ACQUIRE】、通信制高校サポート校【bグローバル国際高等学院】、英会話スクール【bグローバルアカデミー】を運営しており、学びの在り方が変わった今こそ、『好きなタイミングで、好きな学び』が出来るように、その時代に合わせた学び場を当ブログをベースに作っています。
海外インターン・留学なら『 ACQUIRE』


ACQUIREは、世界30ヵ国以上への留学、100社以上へのインターンシップのマッチングサービスを運営しています。一人ひとりにぴったりな留学先・インターン先をご案内出来るように、常に情報をアップデートしています。

ACQUIRE公式サイトを見る

あわせて読みたい