キャリア・転職活動・人生

【日系企業との違いを分析】外資系転職で求められる考え方を解説します。

働き方改革が進み、リモートワークが当たり前になりました。これは、メンバーシップ型雇用からジョブ型雇用への移り変わりとも言えます。

メンバーシップ型雇用は、「日系企業」で、ジョブ型雇用は、「外資系企業」のようなイメージです。

ジョブ型とメンバーシップ型の特徴

<ジョブ型>仕事に対して、人を配置
<メンバーシップ型>人に対して、仕事を配置

このような違いがあります。

【ジョブ型雇用とメンバーシップ型雇用】の違いを徹底比較します。働き方改革に伴い、日系企業の特徴でもある「日本的雇用」、つまり、「終身雇用制度」や「年功序列制度」を見直そうという動きがあります。これま...

今回の記事では、メンバーシップ型からジョブ型に、働き方が変わりつつある理由と、ジョブ型雇用(外資系)で求められる考え方について解説をしていきます。

そもそも、メンバーシップ型からジョブ型に変わった理由を解説


メンバーシップ型からジョブ型の働き方に変わってきた理由として、これは日本的雇用の継続が難しくなったことが、理由の一つです。

つまり、終身雇用制度の崩壊です。終身雇用が終わりを迎え、『安定の定義』が根本的に変わりつつあります。

これまでの安定の定義とは?

①終身雇用制度・・・就職すれば、定年まで雇用されること
②年功序列制度・・・勤続年数に応じて、昇進・昇給していくこと

上記2つは、「日本的雇用」の特徴ですが、この雇用方法を継続することが難しい局面に入ってきたと言われています。それと同時に、副業を解禁する企業も増えてきました。つまり、「皆さん、会社からの給料以外に収入源を見つけて下さい」と言うことになります。

以前は、終身雇用が一般的だったので、一つの会社にダラダラと居ても、勤続年数に応じて、昇進・昇給していましたが、これからの社会では難しくなります。

なので、ある程度の学びを得た段階で、キャリアアップ転職をしていくと。そうすることで、「指示待ち人間」から脱却し、変化の激しい社会でも生き残れるようになっていきます。

情報化や自動化がより進むと、「思考できる人」が自然と残っていき、「思考停止している人」がどんどん取り残されていきます。そういう意味で、これからの社会では、メンバーシップ型ではなく、ジョブ型(外資系的な)の働き方が求められます。

外資系的な働き方とは・・・?

①指示待ちではなく、自分で行動すること
②結果を出すことに意識すること
③常に努力ができること
④物事を多様的に考えること
⑤自分の意見をきちんと発信すること
⑥転職はキャリアアップと考えること

【その安定の定義は古い?】人生・キャリアにおける昔と今の『ギャップ』早速なんですが、これまで外資系企業転職についての記事を書いてきましたが、そもそも、なぜ外資系企業への転職相談が増えてきたのかを、改めて解...

なぜ、日本的雇用の継続が難しくなったのか


上記で、日本的雇用を継続することが難しい局面に入ってきたと説明しましたが、そもそも、なぜ難しくなったのでしょうか。結論から言うと、グローバル社会の競争に勝てなくなったからです。

AIやIoTなどのIT技術が発達し、自動化が進むと、競争力のない日本的雇用を継続している企業は、どんどん衰退していきます。

また働く側にしても、終身雇用が崩壊しているのにも関わらず、まだ大丈夫と思っているのか、シンプルに思考停止して行動できずにいるのか、一つの場所に惰性的に止まることは非常にリスクが高くもなってきています。

茹でガエル状態から、脱出すべき

働き方改革が進み、一つのキャリア人生の中で、転職することが普通になりましたが、まだ日本の人材の流動性は、欧米と比較して少ないと言われています。

現状維持のまま、ただ時間を過ごしていると、気がついた時にはもう手遅れの状態になっている可能性もあります。

つまり、「茹でガエル状態」です。

茹でガエル状態とは・・・?

①沸騰した鍋にカエルを入れる→勢いよく鍋から飛び出して生き残る
②鍋に水とカエルを入れて、徐々に沸騰させていく→そのままカエルは死ぬ

このように、熱湯というポイントは同じなのですが、突然熱湯になるとの、徐々に熱湯にしていくとでは、結果が異なるということです。徐々に衰退して後々後悔するのではなく、今のうちからしっかりと準備をしていくことで、その時代に合わせたキャリアを積んでいくことができます。

居心地の良い環境を脱出することや変化を作ることは、恐怖や不安を感じる場合もあります。ただ、居心地が良いと感じている段階で、新しい学びはほぼないです。

もちろん、一つの会社でキャリアを積み、出世していくことも悪くはありません。

ですが、そもそも一つの会社で働くという価値観自体が変わりつつあるので、パラレル的に働くことで、得られる知識は莫大になるということです。

『差』が出るポイントは、たった一つ、「行動ができるかどうか」これだけです。

世代により働くことに対しての考え方は異なりますが、確実に、「大学卒業→企業に就職→定年まで頑張る」というロールモデルが変わりつつあります。

情報の民主化が進み、誰でも情報を手にすることができるようになった今、会社に所属するのではなく、個人や少数で稼ぐことも容易になりました。

実際、地方移住が促進されており、滞在コストを下げつつ、リモートワークをする人も増えてきています。様々な選択肢を自由に取れるようになったことで、特に20代の世代は、一つの会社で定年まで働くという概念すらなくなっています。

年代別のキャリアざっくりまとめ

・20代→そもそも、終身雇用を望んでいない
・30代〜40代→終身雇用、年功序列が崩壊、行動しないとヤバい状態
・50代後半〜60代→なんとかこのまま逃げ切れる世代

情報格差がなくなり、これからのキャリア戦略で『差』が出るポイントは、たった一つ、「行動ができるかどうか」これだけです。

つまり、情報に対して、平等にアクセスできるようになったことで、あとは、行動するかどうかで結果が変わるということです。

日系企業と外資系企業の考え方の違いを比較


上記で、日系企業から外資系企業への転職が増えてきた理由を解説しましたが、いかがでしょうか。

終身雇用があったときは、会社という組織に所属して、仕事をしていれば大丈夫でしたが、それがなくなった今、自分で成果を出しきることが大切な外資系的な働き方が求められるようになりました。

具体的にどのように違うのか、仕事に対する考え方の違いを見ていきましょう。

日系と外資系の考え方の違い

①仕事に対しての責任感が違う
②人間関係はドライですが、意外に上司の評価も大切

【外資系転職】メリット・デメリット『徹底比較』終身雇用制度も期待できなくなり、定年まで一つの会社に勤めるよりも、何度か転職を繰り返しながらキャリアアップをする働き方が普通になりました...

①仕事に対しての責任感が違う

外資系企業では、個人ベースで仕事を行うことが多く、それぞれの仕事の役割が明確に分かれています。

そのため、自分の仕事をやり切り、成果を出すことが評価に直結しますので、仕事に対しての責任感が強いです。

一方日系企業では、組織で仕事をするため、成果を出すことよりも、協調性があるかどうかが重要です。同僚や上司が残業していると、自分も残業する傾向があるのも、日系の特徴です。

外資系企業では、自分の担当する仕事が終われば、同僚の仕事を手伝ったりすることはせず、サクッと帰宅することが基本です。

②人間関係はドライですが、意外に上司の評価も大切

外資系企業は、仕事の役割が個人ベースで完結するため、日系企業よりも人間関係がドライであると言われがちです。

また、会議などでも「意見がない人=仕事ができない」と評価される外資系企業は、上司であったとしても、自分の意見をきちんと発言することが基本です。

ですが、外資系企業のポイントとして、昇進やリストラなどの人事権を持っているのは、『直属の上司である』ということです。

日系は、人事部という部署がありますが、外資系企業はありません。

つまり、外資系企業での人材の管理は、各部門のリーダーが行うため、外資系企業でキャリアアップを目指す場合は、直属の上司と良い関係を作っておくことが大切です。

【外資系は、人間関係がドライ?】日系企業との違いを解説します。外資系企業は、結果主義の世界です。その為、結果を出せば出すほど、昇給・昇進していきます。そういう意味では、やった分だけ自分に返ってくるの...

外資系企業のメリット『3つ』

外資系企業と日系企業の仕事に対する考え方の違いを解説してきましたが、次は外資系企業で働くメリットを見ていきましょう。

外資系企業のメリット

①成果を出せば、稼げる
②仕事とプライベートのバランスを保てる
③自分の成長がしっかりできる

【実録】外資系企業に転職したお客さんのリアルな『メリット・デメリット』を公開します。外資系企業への転職がどんどん増えてくる中で、外資系企業は、『がっつり稼げる』、『成果主義』、『ワークバランスが保てる』といったイメージが...

①成果を出せば、稼げる

外資系企業の最大の特徴でもある「成果主義」。

仕事で成果を出せば、若くても、女性でも関係なく、しっかりと評価されるシステムになっています。

そのため、自分でどんどん行動すればするほど、成果を出しやすくもなりますし、稼ぐこともできます。なので、外資系企業は、日系企業と比較しても、年収が高い傾向にあります。

②仕事とプライベートのバランスを保てる

上記でも解説しましたが、外資系企業では、個人のタスクがはっきりしています。

そのため、仕事が終われば、サクッと帰宅することができますし、休日出勤や仕事終わりの飲み会も基本的にありません。

また、「残業=仕事ができない」という評価になってしまいますので、残業を行うこともほぼありません。

ということもあり、ON/OFFの切り替えを日系企業よりもやりやすい環境なので、ワークバランスを保つことができます。女性が外資系企業に多いのは、その理由もあります。

③自分の成長がしっかりできる

良くも悪くも成果主義の世界なので、常に結果を出す努力をし続けることが求められます。

最初から結果を出せるわけではなく、失敗から学び、分析・改善を行うことで成果を出せるようになっていきます。

成果を出すことで昇進や昇給していきますので、自分が努力せざる得ない環境となります。

そのため、外資系企業では、キャリアアップをするために転職をしたり、資格取得をしたりなど、成長を実感することが多いです。

外資系企業のデメリット『3つ』

外資系企業のメリットだけではなく、しっかりとデメリットも見ていきましょう。

外資系企業のデメリット

①研修制度が充実していない
②成果を出せないと稼げない
③常に努力が求められる

【失敗する人の特徴】外資系転職が向いていない人を解説します。働き方改革が進み、終身雇用制、年功序列制といった雇用方法は変わりつつあります。グローバル競争で生き残る為に、外資系的な働き方が求められる...

①研修制度が充実していない

外資系企業は、新卒採用を基本的に行っていません。第二新卒や、ある程度社会人経験がある人を採用する傾向があります。

即戦力となる人材を求めていますので、新卒で採用して教育するという考え方があまりなく、そこは、日系企業に任せているようなイメージです。

そのため、入社後も必要であれば、自分で学んでいくことが求められますので、会社の研修制度に頼ることができません。

②成果を出せないと稼げない

シンプルに成果を出せないと年収を上げることができません。日系企業では、年功序列制がありますので、成果を上げようが上げまいが、毎年少しずつ年収があがります。

年収の上げ方が外資系企業と日系企業では大きく異なるということです。

逆に、若くても、上司より稼ぐことも可能ですし、反対もあります。

そういった環境で挑戦したい人には、最高の環境です。

③常に努力が求められる

日系企業では、「終身雇用」や「年功序列」といった日本的雇用がありますので、いかに組織の一員となり、協調性を出せるかがポイントですが、

外資系企業では、そこに対しての評価ポイントが全くないので、成果を出すか出さないかの2択です。

なので、常に努力をしながら自分自身をレベルアップさせていく必要があります。

自分が成長することは、もちろんプラスなのですが、安定してゆっくり働きたい人にとっては、少ししんどい環境でもあります。

外資系企業の面接で『最も大切なこと』

外資系企業の面接というより、日系企業でも同じことが言えますが、面接で聞かれることをしっかり想定して、準備することが大切です。

その中でも、ポイントは、「逆に質問をする」ということです。こちらも企業を選ぶ側なので、既に働いている人に転職の動機を聞いてみることも必要です。

【現役人事が語る】採用面接の「準備〜当日」までにやるべき事を解説します。働き方改革に伴い、リモートワーク、時短勤務、副業解禁など、それぞれのワークスタイルに合わせて働くことができるようになりました。 ま...

面接官からされる質問のサンプル

・自己紹介と自己PRをして下さい。

・なぜ、そのキャリア選択をしてきたか教えて下さい。

・志望理由を教えて下さい。

・弊社の製品やサービスのどこに興味を持っていますか?

・これまで取り組んだことで最も難しかったことは何ですか?

・なぜ転職を考えているのですか?

・現職ではどのような点が弱点だと思いますか?

・これまで積極的に取り組んだプロジェクトは何ですか?

・長所と短所を教えてください。

・2-3年後にどのような仕事に取り組んでいたいですか?

面接官にする逆質問のサンプル

・今回の募集職種で、具体化にどのようなスキルや経験を求めていますか?

・御社の将来のビジネスプランを教えてください。

・なぜあなた(面接官)は御社を志望したのですか?

といったところです。面接官に逆に質問をすることは、遠慮しがちですが、自分の大切な時間を費やすことになるかもしれないので、

確認すべきポイントは、確認しましょう。

優良求人が多い転職エージェント3つを紹介

転職活動を上手くするには、転職エージェント選びが重要です。これから紹介する基準をベースに、おすすめの転職エージェントを紹介していきます。

①:優良求人数が多い
②:内定率が高い
③:求人情報を常に更新している

特に、求人情報は変動が多いので、常に情報をアップデートしている求人情報転職エージェントはおすすめです。

顧客満足度No1を多数受賞の【ネオキャリア】

ネオキャリアは、第二新卒・20代専門の転職エージェントで、1人当たり平均10時間の手厚いサポートで、転職サポートを行っています。内定まではもちろんのこと、入社後のアフターケアも安心です。

豊富な経験を持つキャリアアドバイザーが将来像や希望、適正を踏まえた上で求人を紹介してくれます。

また、ネオキャリアが紹介する企業は、キャリアアドバイザーが全て訪問し、おすすめできる企業のみを選定しているので、ミスマッチも少なく、効率的に転職活動を進めることができます。

ネオキャリアの公式ページを見る

迷ってる人は、日本最大級の求人数を掲載の『doda』がオススメ!

dodaは、大手・優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載している転職サイトで、毎週更新される求人特集や、定期的に更新される新着求人からあなたにマッチした求人の検索と応募が可能です。

職種、年齢、経験を問わず、さまざまな方にご利用いただけます。dodaのキャリア専門スタッフが、あなたの希望や適性に合った求人のご紹介をし、その求人数は、非公開求人を含む約10万件以上にもなります。

また、dodaが取り扱っている求人のうち、80%以上が一般には公開されていない非公開求人なので、自分では見つけることができない求人も、dodaに登録することで見つけることができます。

dodaの最大の特徴は、応募書類だけでは伝わらない人柄や志向を推薦状にまとめ、履歴書・職務経歴書に添えて企業にアピールすることで、選考通過を後押ししてくれるところです。

転職ならdodaの公式ページを見る

外資系・グローバル企業・ハイクラス転職なら【JACリクルートメント】

JACリクルートメントは、外資系企業や海外進出企業など、グローバル企業への転職のサポートに特に強みを持っています。

業界・職種に精通した総勢400名の転職コンサルタントが、求職者のこれまでの経歴、今後の展望をヒアリングした上で、適切な求人を紹介しています。

業界屈指の豊富な求人数を誇り、国内大手、外資系、海外進出企業など、JACだからこそ紹介できる優良企業を20代後半〜30代の方を中心に紹介しています。

JAC Recruitmentの公式ページを見る

企業面接で抑えるポイント!

何事でもそうですが、ある程度の『はったり』を言うことは大切です。自分で大きく出て、最終的に帳尻を合わしていくことで限界突破をすることができます。面接でも同様に、いかに自分を企業側に売り込めるかどうかです。採用させることで、企業にどれだけメリットがあるかをきちんとアピールするようにしましょう。

①意思表示をはっきりする。(YES/NO)
②アピールポイントをゴリ押しする。(エピソードトーク)
③自信を持ち、仕事ができる感をしっかり出す

面接では、遠慮をする必要はありません。どんなことができて、どんなスキルを持っているか、ハッタリ気味でもいいので、厚かましくやることも大切です。いかに企業側に将来をイメージさせることができるかが、採用を勝ち取るカギでもあります。

公式LINEでの相談も受け付けています!スマホからの登録方法 スマホでこの記事を読んでいる場合、 下記の友達追加ボタンを押すと、『海外留学・インターンACQUIRE』が出て...

転職相談こちら

ABOUT ME
このブログの運営者 | 妹尾 拓東
海外インターン・留学のマッチングサイト【ACQUIRE】、通信制高校サポート校【bグローバル国際高等学院】、英会話スクール【bグローバルアカデミー】を運営しており、学びの在り方が変わった今こそ、『好きなタイミングで、好きな学び』が出来るように、その時代に合わせた学び場を当ブログをベースに作っています。
海外インターン・留学なら『 ACQUIRE』


ACQUIREは、世界30ヵ国以上への留学、100社以上へのインターンシップのマッチングサービスを運営しています。一人ひとりにぴったりな留学先・インターン先をご案内出来るように、常に情報をアップデートしています。

ACQUIRE公式サイトを見る

あわせて読みたい