キャリア・転職活動・人生

【 3分解説】外資系企業と日系企業の違いをサクッと解説します。

サラリーマン
サラリーマン
転職を考えているけど、外資系と日系で迷っています。それぞれの特徴を知りたい!

転職を考えている人で、このような疑問を持っている人も多いと思います。

この記事では、「外資系に挑戦したい!」、「安定して稼ぎたい!」、「福利厚生が手厚い方が良い」といった方に対して、

外資系企業と日系企業の違いやメリット・デメリットを解説していきます。

この記事の要約

①外資系企業と日系企業のメリットについて
②外資系企業と日系企業のデメリットについて
③上手く転職するためのコツ

このステップで、要点を絞って解説していきますので、

この記事を読み終われば、外資系企業と日系企業のどちらのタイプの会社が自分に合っているかが分かります。

このブログの人
このブログの人
外資系と日系では、特徴がはっきりしていますので、自分の向き不向きを分析して、決めていきましょう。

外資系企業と日系企業のメリットについて


早速、外資系企業と日系企業の特徴を見ていきましょう。

評価制度、社風、働き方など、異なる部分が多いので、「自分だったら、どっちが向いてるかな?」とイメージしながら見ていきましょう。

外資系企業のメリットについて

外資系企業のメリットについて解説をしていきます。

①成果を出せば、がっつり稼ぐことができる
②評価基準が明確
③仕事とプライベートのバランスが取れる

外資系と言えば、成果主義、評価基準が明確、ワークバランスが取れるといったメリットがあります。詳しく解説をしていきます。

①成果を出せば、がっつり稼ぐことができる

外資系企業の最大の特徴と言われる「成果主義」では、成果を出せばきちんと報酬に反映されます。

そのため、若くても、女性でも、成果を出せば、しっかりと稼ぐことができます。

平均年収は、業界により異なりますが、700万〜1,000万円程度が一般的です。

②評価基準が明確

外資系企業での評価基準は、「成果を出すこと」の一つだけです。

もちろん、外資系企業でも、営業職以外の職種、例えば事務職などもありますので、一概に成果を出すことだけが評価基準ではないですが、

営業職の場合、成果を出すか出さないかが評価基準のポイントです。

そのため、上司の機嫌を取ったり、仕事終わりの飲み会に付き合ったりなど、無駄な時間を過ごす必要がありません。

③仕事とプライベートのバランスが取れる

金融業界、コンサル業界など、一部の業界では繁忙期の残業はありますが、

基本的に「残業=仕事ができない」と評価されますので、定時出社・退勤が当たりまえです。

ON/OFFをしっかりと分けて、プライベートを充実させることができますので、女性比率が多いことも外資系企業の特業です。

日系企業のメリットについて

次に、日系企業のメリットを見ていきましょう。

①安定して稼ぐことができる
②研修制度が充実している
③将来設計がしやすい

日系企業のメリットは、安定していることです。仕事で成果を出さなくても、ある程度の給料はもらえますので、将来の計画が立てやすいことが特徴です。

①安定して稼ぐことができる

外資系企業のように、成果を出す出さないで給料が大きく変わることがないので、安定して稼ぐことができます。

安定して毎月固定給を稼げるということは、非常に大きなメリットです。

また、外資系企業では、リストラもあったりしますが、日系企業では、基本的に終身雇用をベースに採用されます。

②研修制度が充実している

新卒採用をして、長期的に働くことが特徴の日系企業では、社員の研修制度や福利厚生が充実しています。

そのため、自分でどんどん学ぶというよりも、企業側での研修を受けることで、スキルアップすることができます。

③将来設計がしやすい

安定した給料、充実した研修制度や福利厚生があるため、10年後、20年後のキャリアデザインをイメージしやすくなります。

もちろん、企業側の研修制度だけに頼らず、自分で必要と思うスキルアップはしないといけないですが、

外資系企業と比較すると、将来設計がしやすい環境ではあります。

しかし、終身雇用が終わりつつありますので、日系企業であっても、一度や二度の転職は当たりまえになってきたという現実もあります。

外資系企業と日系企業のデメリットについて

外資系企業と日系企業のメリットを解説してきましたが、もちろんデメリットもしっかり解説していきます。

デメリットも把握した上で、外資系と日系のどちらが向いているいるかを判断しましょう。

外資系企業のデメリットについて

外資系企業と日系企業のメリットを解説してきたところで、次はデメリットを見ていきましょう。

①給料が安定しない
②研修制度が充実していない
③数年スパンでの将来設計になってしまう

このように、成果主義の成果だからこそのデメリットと言えます。成果を出せないと、そのまま給料に反映されてしまいますので、

常に行動をして、成果を出すことが求められます。

①給料が安定しない

成果を出せばしっかり稼げますが、一方で、成果を出せないと稼げないという事実もあります。

外資系企業では、稼げる人稼げない人に分かれます。

このポイントは、「常に努力し、行動できるか」です。これができる人は稼げますし、できない人は稼げていない傾向があります。

もちろん、最初から稼げる人はいませんが、行動できるかどうかで外資系企業で生き残れるかどうかが決まります。

②研修制度が充実していない

外資系企業では、新卒採用を行っておらず、基本的に第二新卒以上の採用を行っています。

新卒研修は、日系企業に任せて、ある程度社会人スキルがある人材を採用する傾向がありますので、研修制度が充実していないことが多いです。

また、自分で必要な学びを行う必要がありますので、企業側の制度に頼ることができません。

③数年スパンでの将来設計になってしまう

常に成果を出し続けて稼ぐ必要があり、収入が不安定になってしまう場合もあります。

そのため、日系企業と比較すると、長期的な将来設計を立てにくい傾向があります。

しかしながら、日系企業でも、「終身雇用制度」が崩壊し始めているので、どちら側でも、しっかりと自分でスキルを身に付けて、行動していくことが求められます。

日系企業のデメリットについて

最後に日系企業のデメリットについて解説をしていきます。

①成果を出しても給料は変わらない
②評価基準が曖昧
③サービス残業がある

安定して稼ぐことができる分、年功序列制度があるため、結果を出しても、キャリアが浅い場合は給料に反映されにくい傾向があります。

①成果を出しても給料は変わらない

日本的雇用である「年功序列制度」では、勤続年数に合わせて「役職」と「給料」が上がっていきます。

一方で、勤続年数が浅い人が成果を上げても、成果に対して公平な評価をされにくい場合があります。

あくまで、評価基準は、「どれだけ勤続しているか」といった社歴がポイントとなります。

②評価基準が曖昧

勤続年数が長いということが一つの評価基準でありますが、

それに加えて、上司から好かれていたり、仕事で成果を出すこと以外にも評価基準があるため、評価基準に対して、不満を感じる人もいます。

仕事での成果をしっかりと評価されたい人は、外資系企業が向いています。

③サービス残業がある

外資系企業では、「残業=仕事ができない」と評価されますが、日系企業では、「残業=頑張っている=評価される」という謎のルールがあります。

このように、日系企業では、頑張っている制度があることも事実で、評価基準が曖昧であります。

そのため、サービス残業や休日出勤などもありますので、ワークバランス保ちにくい場合もあります。

また、個人や少数で仕事をすることが多い外資系企業とは異なり、組織で仕事をすることが多い日系企業では、

上司や同僚が残業をしていると、帰宅しずらいといった微妙な雰囲気もあったりします。

優良求人が多い転職エージェント3つを紹介

転職活動を上手くするには、転職エージェント選びが重要です。これから紹介する基準をベースに、おすすめの転職エージェントを紹介していきます。

①:優良求人数が多い
②:内定率が高い
③:求人情報を常に更新している

特に、求人情報は変動が多いので、常に情報をアップデートしている求人情報転職エージェントはおすすめです。

顧客満足度No1を多数受賞の【ネオキャリア】

ネオキャリアは、第二新卒・20代専門の転職エージェントで、1人当たり平均10時間の手厚いサポートで、転職サポートを行っています。内定まではもちろんのこと、入社後のアフターケアも安心です。

豊富な経験を持つキャリアアドバイザーが将来像や希望、適正を踏まえた上で求人を紹介してくれます。

また、ネオキャリアが紹介する企業は、キャリアアドバイザーが全て訪問し、おすすめできる企業のみを選定しているので、ミスマッチも少なく、効率的に転職活動を進めることができます。

ネオキャリアの公式ページを見る

迷ってる人は、日本最大級の求人数を掲載の『doda』がオススメ!

dodaは、大手・優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載している転職サイトで、毎週更新される求人特集や、定期的に更新される新着求人からあなたにマッチした求人の検索と応募が可能です。

職種、年齢、経験を問わず、さまざまな方にご利用いただけます。dodaのキャリア専門スタッフが、あなたの希望や適性に合った求人のご紹介をし、その求人数は、非公開求人を含む約10万件以上にもなります。

また、dodaが取り扱っている求人のうち、80%以上が一般には公開されていない非公開求人なので、自分では見つけることができない求人も、dodaに登録することで見つけることができます。

dodaの最大の特徴は、応募書類だけでは伝わらない人柄や志向を推薦状にまとめ、履歴書・職務経歴書に添えて企業にアピールすることで、選考通過を後押ししてくれるところです。

転職ならdodaの公式ページを見る

外資系・グローバル企業・ハイクラス転職なら【JACリクルートメント】

JACリクルートメントは、外資系企業や海外進出企業など、グローバル企業への転職のサポートに特に強みを持っています。

業界・職種に精通した総勢400名の転職コンサルタントが、求職者のこれまでの経歴、今後の展望をヒアリングした上で、適切な求人を紹介しています。

業界屈指の豊富な求人数を誇り、国内大手、外資系、海外進出企業など、JACだからこそ紹介できる優良企業を20代後半〜30代の方を中心に紹介しています。

JAC Recruitmentの公式ページを見る

企業面接で抑えるポイント!

何事でもそうですが、ある程度の『はったり』を言うことは大切です。自分で大きく出て、最終的に帳尻を合わしていくことで限界突破をすることができます。面接でも同様に、いかに自分を企業側に売り込めるかどうかです。採用させることで、企業にどれだけメリットがあるかをきちんとアピールするようにしましょう。

①意思表示をはっきりする。(YES/NO)
②アピールポイントをゴリ押しする。(エピソードトーク)
③自信を持ち、仕事ができる感をしっかり出す

面接では、遠慮をする必要はありません。どんなことができて、どんなスキルを持っているか、ハッタリ気味でもいいので、厚かましくやることも大切です。いかに企業側に将来をイメージさせることができるかが、採用を勝ち取るカギでもあります。

公式LINEでの相談も受け付けています!スマホからの登録方法 スマホでこの記事を読んでいる場合、 下記の友達追加ボタンを押すと、『海外留学・インターンACQUIRE』が出て...

転職相談こちら

ABOUT ME
このブログの運営者 | 妹尾 拓東
海外インターン・留学のマッチングサイト【ACQUIRE】、通信制高校サポート校【bグローバル国際高等学院】、英会話スクール【bグローバルアカデミー】を運営しており、学びの在り方が変わった今こそ、『好きなタイミングで、好きな学び』が出来るように、その時代に合わせた学び場を当ブログをベースに作っています。
海外インターン・留学なら『 ACQUIRE』


ACQUIREは、世界30ヵ国以上への留学、100社以上へのインターンシップのマッチングサービスを運営しています。一人ひとりにぴったりな留学先・インターン先をご案内出来るように、常に情報をアップデートしています。

ACQUIRE公式サイトを見る

あわせて読みたい