キャリア・転職活動・人生

【元人事担当が教える】外資系企業の人事制度を解説します!

外資系企業と聞くと、「結果主義の世界」や「ワークバランスが調整しやすい」といった特徴が挙げられますが、人事制度はどうなっているのでしょうか。今回の記事では、外資系企業と日系企業の両方で人事部として働いた経験のあるスタッフによる解説記事です。

外資系企業への転職相談がどんどん増えてきていますので、この記事を読んで、人事制度についてしっかりと理解していきましょう。

外資系企業への転職相談が増えてきた理由とは・・・?

まず、外資系企業への転職相談が増えてきた理由についてですが、これは日本的雇用の継続が難しくなったことが、理由の一つです。つまり、終身雇用制度の崩壊です。終身雇用が終わりを迎え、『安定の定義』が根本的に変わりつつあります。

これまでの安定の定義

①終身雇用制度・・・就職すれば、定年まで雇用されること
②年功序列制度・・・勤続年数に応じて、昇進・昇給していくこと

上記2つは、「日本的雇用」の特徴ですが、この雇用方法を継続することが難しい局面に入ってきたと言われています。それと同時に、副業を解禁する企業も増えてきました。つまり、「皆さん、会社からの給料以外に収入源を見つけて下さい」と言うことになります。

これからの社会では、一つの会社にダラダラと居ても仕方ないので、「指示待ち人間」、「思考停止人間」は、自動化の波に飲まれ、「行動できる人」、「思考できる人」が生き残れる世の中になります。

【その安定の定義は古い?】人生・キャリアにおける昔と今の『ギャップ』早速なんですが、これまで外資系企業転職についての記事を書いてきましたが、そもそも、なぜ外資系企業への転職相談が増えてきたのかを、改めて解...

なぜ、日本的雇用の継続が難しくなったのか


上記で、日本的雇用を継続することが難しい局面に入ってきたと説明しましたが、そもそも、なぜ難しくなったのでしょうか。結論から言うと、グローバル社会の競争に勝てなくなるからです。

AIやIoTなどのIT技術が発達し、自動化が進むと、競争力のない日本的雇用を継続している企業は、どんどん衰退していきます。また働く側にしても、終身雇用が崩壊しているのにも関わらず、まだ大丈夫と思っているのか、シンプルに思考停止して行動できずにいるのか、一つの場所に惰性的に止まることは非常にリスクが高くもなってきています。

茹でガエル状態から、脱出すべき

働き方改革が進み、一つのキャリア人生の中で、転職することが普通になってきましたが、まだ日本の人材の流動性は、欧米と比較して少ないと言われてます。現状維持のまま、ただ時間を過ごしていると、気がついた時にはもう手遅れの状態になっている可能性もあります。

つまり、「茹でガエル状態」です。

茹でガエル状態とは・・・?

①沸騰した鍋にカエルを入れる→勢いよく鍋から飛び出して生き残る
②鍋に水とカエルを入れて、徐々に沸騰させていく→そのままカエルは死ぬ

このように、熱湯というポイントは同じなのですが、突然熱湯になるとの、徐々に熱湯にしていくとでは、結果が異なるということです。徐々に衰退して後々後悔するのではなく、今のうちからしっかりと準備をしていくことで、その時代に合わせたキャリアを積んでいくことができます。

『差』が出るポイントは、たった一つ、「行動ができるかどうか」これだけです。

世代により働くことに対しての考え方は異なりますが、確実に、「大学卒業→企業に就職→定年まで頑張る」というロールモデルが変わりつつあります。情報の民主化が進み、誰でも情報を手にすることができるようになった今、会社に所属するのではなく、個人や少数で稼ぐことも容易になりました。

実際、地方移住が促進されており、滞在コストを下げつつ、リモートワークをする人も増えてきています。様々な選択肢を自由に取れるようになったことで、特に20代の世代は、むしろ一つの会社で定年まで働くという概念すらなくなっています。

年代別のキャリアざっくりまとめ

・20代→そもそも、終身雇用を望んでいない
・30代〜40代→終身雇用、年功序列が崩壊、茹でガエル状態
・50代後半〜60代→なんとかこのまま逃げ切れる

情報格差がなくなり、これからのキャリア戦略で『差』が出るポイントは、たった一つ、「行動ができるかどうか」これだけです。つまり、情報は平等にアクセスできるようになったことで、あとは、行動するかどうかで結果が変わるということです。

外資系企業の人事制度について


外資系企業と日系企業の人事制度の違いについて解説していきます。

ポイント 外資系企業 日系企業
採用方法 中途採用
→転職エージェント経由が基本
新卒採用
人員数 年間募集 年一募集が基本
人材の流動性 転職は当たり前 終身雇用の考え方が、未だに根付いてる
評価制度 ・成果主義
・個人評価
・年功序列
・評価基準が曖昧
・頑張っている評価
雇用期間 ・数年程度
・行動できる人
・長期的に雇用が基本

外資系企業と日系企業の違いをまとめていますので、参考にして下さい。

外資系企業の人事って何をしているの?

外資系企業で人事権を持っているのは、それぞれが担当するプロジェクトの責任者であることが基本です。その為、日系企業のように人事部というのが個別組織であるのではなく、プロジェクトや部署ベースで人事権を持ったスタッフが、人材調達、育成などを行っています。

人事権を持っているスタッフが、基本的に部下の評価を行います。

また、日系企業では、『最終面接=社長面接』という流れがありますが、外資系企業では、そのプロジェクトの責任者が面接を行うことが普通です。実際にプロジェクトを一緒に進めていく側なので、責任者から見て、必要な人材かどうか判断することができますので、社長が行うよりも効率的です。

かなりの権限をプロジェクトの責任者が持っているので、その分結果を出すことを求められる立場でもあります。結果がでなければ、責任者の評価が落ちていきますので、人事権を持ちつつも、結果を出すことにコミットする必要があります。

【外資系のボーナスの仕組み】年収が高い秘密はココにあった!外資系企業は、「結果を出せばがっつり稼げる」、「仕事とプライベートを両立できる」といった特徴があり、ここ数年一気に外資系企業への転職相談...

外資系企業の本社は海外にあります。ですが、アメリカ系とヨーロッパ系で、微妙に人事制度が異なります。

アメリカ系企業の人事制度について

アメリカに本社がある外資系企業の人事制度は、基本的に世界中で統一するようにしています。特にボーナス面での比率などは、きっちり統一されており、ストックオプションなども統一している傾向があります。

ストックオプションとは

ストックオプションとは、株式会社の従業員や取締役が、自社株をあらかじめ定められた価格で取得できる権利で、従業員や取締役は、将来、株価が上昇した時点でストックオプションの権利を行使します。

その時点で、会社の株式を権利行使価格で取得し、その後、時価で株式を売却することになります。権利行使価格と株価上昇分の価格との差が、利益として得られるという報酬制度です。

ヨーロッパ系企業の人事制度について

アメリカ系の人事制度と異なり、ボーナス面など、本社で統一されたルールは特になく、各国ベースで最適な人事制度を採用しています。また、ヨーロッパ系の企業では、日系企業のように、職能資格制度もあったりします。

日系企業の人事制度について


日系企業は、外資系企業の人事制度と異なり、人事部という組織があります。基本的に人事部が一括して、人材調達、育成を行います。というのも、日系企業の場合は、長期的に雇用することをベースに採用する為、プロジェクトベースで採用活動を行う方法ではなく、人事部という別組織で行う必要があります。

また、外資系企業の場合は、募集するポジションに対して『給料』の値付けがされていますが、日系企業の場合は、ポジションによって給料が変わるということではなく、年功序列なので、勤続年数により給料が変わることが基本です。

ボーナスの査定については、人事部が総合的に判断をする為、外資系企業のように個人の成績や結果が直接反映されないデメリットがあります。

【外資系のボーナスの仕組み】年収が高い秘密はココにあった!外資系企業は、「結果を出せばがっつり稼げる」、「仕事とプライベートを両立できる」といった特徴があり、ここ数年一気に外資系企業への転職相談...

普段の仕事ぶりを見て評価される訳ではないので、評価基準に不満を感じることもあります。その為、仕事の結果をきちんと評価されたい人は、外資系企業が向いています。

外資系企業の『3つ』の採用パターンを解説

外資系企業の採用のパターンは、基本的に3つあります。

採用パターンの種類

①職種別採用
②インターンシップ採用
③ジョブディスクリプション

①職種別採用

職種別採用は、特定の職種に絞って求職者を募集する方法です。日系企業では、総合職募集が多く、ピンポイントでどんな業務をするかどうか決まっていません。研修や面談を繰り返し行いながら、適性チェックを行い、最適な部署に配置をしていきます。

外資系企業の場合は、総合職という職種はなく、職種を絞って採用することが多いです。必要なポジションが空けば、そこのポジションを採用するという流れです。その為、日系企業のように、様々な職種を担当しない為、人材の流動性が結構高いです。

②インターンシップ採用

外資系企業は、基本的に新卒採用を行っていませんが、インターンシップとして採用し、そのまま社員登用をするパターンは結構あります。学生時代にインターンシップに参加して、実力が評価されれば、そのまま採用するというパターンです。

③ジョブディスクリプション

最後に、ジョブディスクリプションとは、職務内容を文書化したもので、人材のミスマッチをできる限りなくす方法です。きちんと職務内容を整理することで、最適な人材を募集することができます。

求職者側的にも、業務内容を事前に確認することができるので、事前にしっかりと準備をすることもできます。

外資系企業への転職を成功させるには?


外資系企業への転職を成功させるには、転職エージェントを利用することから始めましょう。外資系企業への転職は、基本的に「転職エージェント」を利用して入社することが圧倒的に多いです。

これも、外資系企業の特徴で、外資系の本質は、成果を上げることです。その為、成果を出す為にきちんと価値のある人材を募集していますので、転職エージェントに委託しているということです。

①外資系企業では、即戦力が求められますので、エージェントを使い、どんどん自分を売り込む必要があります。

②外資系企業自体が、自社で直接採用活動するのではなく、エージェントに募集のフィリルタリングを委託している場合が多い

特に、外資系企業は、仕事の時は猛烈に仕事をします。その為、採用活動についても、できる限りアウトソーシングをして、効率的に時間を使います。委託先のエージェントが紹介をしてきた人材のみを、面接するという流れが一般的です。

外資系企業での面接に向けてすること「4つ」

実際に外資系企業への面接に望む前に、次の点を意識して進めていきましょう。

①これまでのキャリアを振り返る
→職務経歴書は非常に重要です。この企業で「どう貢献できるか」を判断されます。
→どういう意図で、これまでのキャリア選択をしてきたのかを説明できるようにしましょう。

②転職エージェントの活用
→非公開求人も多くありますので、効率良く外資系企業を見つけることができます。

③面接で聞かれることを想定する
→面接をイメージしながら、自分をしっかりアピールポイントを確認する
→貢献できるということをアピールする

④企業研究を行う
→業界の動向を把握しておく

英語力に不安がある人は、オンライン英会話で英語力を一気にあげましょう!格安で受け放題のコースもありますので、日本にいながら英語力を確実にあげることが可能です。

【2021年決定版】本当に身に付くオンライン英会話5選オンライン英会話は、自宅にいながらでも始められる英会話の勉強法として一気に注目を集めています。ですが、オンライン英会話サービスは、種類が...

優良求人が多い転職エージェント3つを紹介

転職活動を上手くするには、転職エージェント選びが重要です。これから紹介する基準をベースに、おすすめの転職エージェントを紹介していきます。

①:優良求人数が多い
②:内定率が高い
③:求人情報を常に更新している

特に、求人情報は変動が多いので、常に情報をアップデートしている求人情報転職エージェントはおすすめです。

顧客満足度No1を多数受賞の【ネオキャリア】

ネオキャリアは、第二新卒・20代専門の転職エージェントで、1人当たり平均10時間の手厚いサポートで、転職サポートを行っています。内定まではもちろんのこと、入社後のアフターケアも安心です。

豊富な経験を持つキャリアアドバイザーが将来像や希望、適正を踏まえた上で求人を紹介してくれます。

また、ネオキャリアが紹介する企業は、キャリアアドバイザーが全て訪問し、おすすめできる企業のみを選定しているので、ミスマッチも少なく、効率的に転職活動を進めることができます。

ネオキャリアの公式ページを見る

迷ってる人は、日本最大級の求人数を掲載の『doda』がオススメ!

dodaは、大手・優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載している転職サイトで、毎週更新される求人特集や、定期的に更新される新着求人からあなたにマッチした求人の検索と応募が可能です。

職種、年齢、経験を問わず、さまざまな方にご利用いただけます。dodaのキャリア専門スタッフが、あなたの希望や適性に合った求人のご紹介をし、その求人数は、非公開求人を含む約10万件以上にもなります。

また、dodaが取り扱っている求人のうち、80%以上が一般には公開されていない非公開求人なので、自分では見つけることができない求人も、dodaに登録することで見つけることができます。

dodaの最大の特徴は、応募書類だけでは伝わらない人柄や志向を推薦状にまとめ、履歴書・職務経歴書に添えて企業にアピールすることで、選考通過を後押ししてくれるところです。

転職ならdodaの公式ページを見る

外資系・グローバル企業・ハイクラス転職なら【JACリクルートメント】

JACリクルートメントは、外資系企業や海外進出企業など、グローバル企業への転職のサポートに特に強みを持っています。

業界・職種に精通した総勢400名の転職コンサルタントが、求職者のこれまでの経歴、今後の展望をヒアリングした上で、適切な求人を紹介しています。

業界屈指の豊富な求人数を誇り、国内大手、外資系、海外進出企業など、JACだからこそ紹介できる優良企業を20代後半〜30代の方を中心に紹介しています。

JAC Recruitmentの公式ページを見る

企業面接で抑えるポイント!

何事でもそうですが、ある程度の『はったり』を言うことは大切です。自分で大きく出て、最終的に帳尻を合わしていくことで限界突破をすることができます。面接でも同様に、いかに自分を企業側に売り込めるかどうかです。採用させることで、企業にどれだけメリットがあるかをきちんとアピールするようにしましょう。

①意思表示をはっきりする。(YES/NO)
②アピールポイントをゴリ押しする。(エピソードトーク)
③自信を持ち、仕事ができる感をしっかり出す

面接では、遠慮をする必要はありません。どんなことができて、どんなスキルを持っているか、ハッタリ気味でもいいので、厚かましくやることも大切です。いかに企業側に将来をイメージさせることができるかが、採用を勝ち取るカギでもあります。

公式LINEでの相談も受け付けています!スマホからの登録方法 スマホでこの記事を読んでいる場合、 下記の友達追加ボタンを押すと、『海外留学・インターンACQUIRE』が出て...

転職相談こちら

ABOUT ME
このブログの運営者 | 妹尾 拓東
海外インターン・留学のマッチングサイト【ACQUIRE】、通信制高校サポート校【bグローバル国際高等学院】、英会話スクール【bグローバルアカデミー】を運営しており、学びの在り方が変わった今こそ、『好きなタイミングで、好きな学び』が出来るように、その時代に合わせた学び場を当ブログをベースに作っています。
海外インターン・留学なら『 ACQUIRE』


ACQUIREは、世界30ヵ国以上への留学、100社以上へのインターンシップのマッチングサービスを運営しています。一人ひとりにぴったりな留学先・インターン先をご案内出来るように、常に情報をアップデートしています。

ACQUIRE公式サイトを見る

あわせて読みたい