海外留学体験談

【マルタ留学体験談】マルタに3ヶ月行って思う事ー第②話ー

マルタ留学参加者概要

留学先:マルタ共和国
留学期間:3ヶ月(2019/5/26〜2019/8/17)
留学先:日系大手旅行会社
性別:女性
日本での状況:20代 社会人(サービス業界勤務)
留学の目的:英語のスキルアップと海外生活の経験を自分自身の将来に少しでも役立てたいというのが目標

このマルタ留学体験記事は、3ヶ月(12週間)の留学で『1週目』・『6週目』・『12週目』の3回で構成されています。
1週目:【マルタ留学体験談】3ヶ月行って思う事ー第①話ー
6週目:【マルタ留学体験談】3ヶ月行って思う事ー第②話ー⇦この記事はココです。
12週目:【マルタ留学体験談】3ヶ月行って思う事ー第③話ー

海外生活はいかがですか?


マルタ留学に来てからは、日本と環境がガラッと変わり慣れない日が続き、毎日早く日本に帰りたいと思っていましたが、3-4週間を過ぎた頃からは日々の生活が楽しくなり、半分(6週間)を過ぎた頃から日本への帰国を意識するようになり、だんだん寂しく感じるようになりました。今は、日本にいるときと変わりなく日常生活を送る事が出来ています。

どうしても最初の2週間程度は、新しい環境に慣れるまで時間がかかってしまいます。食事、学校の雰囲気、滞在先など、普段の生活から一気に変わりますが、そういった経験も語学留学の醍醐味の一つとして、一つ一つの経験を通じて感じた気持ちを大事にしましょう!

学校・授業の雰囲気はいかがですか?


とても素晴らしいと思います。先生の国籍も様々で、マルタ人もいれば、イギリス人、イタリア系の先生もいます。先生により授業の進め方に違いがある為、合う合わないは多少出てきますが、全体的には良い授業を受けれていると思います。

私は、セブ留学に2ヶ月行ってからマルタ留学に参加したので、ある程度英語を話す事に対しての抵抗はなかったですが、まだまだ周りの学生には圧倒されています。上手い、下手関係なく、どんどん発言していく姿勢は学びました。先生も熱心で、それに応えるように積極的な生徒が多く、また生徒の年齢層が少し高めなので、良い学習環境が整っていると思います。

年齢層については、学校ベースで分かれているというよりも、時期的な部分が影響します。7-9月、2-3月は比較的年齢層が若くなる傾向があり、20代の留学生が増えます。

休日の過ごし方はいかがですか?

友人と出かけたりする以外は滞在先の学生寮でゆっくり過ごす事が多いです。特に今の時期(7月)は暑いので、学校終わりにビーチに行く回数が増えました。

マルタでは、午後4-5時ぐらいに仕事を終える人が多く、ビーチや海岸で友達とゆっくりしたり、家族で散歩をしたりなど余暇の時間を大切にしています。最近は買い物に行ったりホームパーティーをしたり、繋がりが増えて1カ月前と比べてイベントが増えました。

マルタは、シェンゲン協定国の一つなので、他国に行く際のハードルも低く、またLCCがたくさんあるので、安く簡単にイタリアやドイツなどに行く事が出来るので、色々計画中です。

シェンゲン協定とは

シェンゲン協定とは、その協定に参加する国同士での国境管理を廃止し、シェンゲン領域外から領域内に入る渡航者に対して、共通のビザの発給基準を定めたものです。シェンゲン協定国内であれば、EU市民関係なく、パスポート無しで自由な移動が認められています。

所謂、シェンゲン協定国ないであれば、180日の間に、90日間はどこにいてもいいですよ。というルールです。

学校以外のアクティビティに参加しましたか?(ボランティアやマリンスポーツなど)


留学生のための交流会のようなものに友人と参加しました。色んな学校の生徒や現地人も参加できるので交流を深めたい方にはすごく向いていると感じました。

1ヶ月の生活費はいくらくらいですか?大まかな使用用途は何ですか?


交通費 約30€
食費 100€以上
娯楽費 約200€

放課後の過ごし方に変化はありましたか?


マルタの留学生活にも慣れてきて、最近は少し余裕が出てきたので、放課後の時間を利用して1時間以上かけて観光に行ったり、一度帰宅してから、夕方から出かけ行く事も増えました。

マルタは、東京23区の半分程度の大きさですが、観光名所も結構あり、特に今は遺跡巡りにハマっています。

半分を終えた印象はいかがですか?


マルタ留学に来てから最初は、ずっとホームシックでしたが今になっては帰国が迫ってきて少し寂しい思いです。英語力は1カ月前と比べると文法に対する知識は少しですがついてきたと感じます。

ですが、いざ話すとなると咄嗟に言葉が出てこないため残りの期間で苦手なスピーキングを少しでも上達出来ればいいなと思います。

ある程度話せるよになると、どの分野をどういう風に学習すればいいか分かりますよね。知っていても咄嗟に出ない場合は、アウトプット量が足りないだけなので、いろんな人と様々なシチュエーションで話す事で自然とアウトプットも出来るようになります!

今回の留学の目標を達成まで順調ですか?

海外で生活するという点ではすでに目標は達成できました。日常レベルの会話ができるようになるという点では、まだまだ力が足りていないと感じています。スピーキングが苦手なのでそこを重点的に力をつけることが出来たらいいなと思うので、残りの期間はどんどん会話をしていきたいと思います。

お問合せをする

ABOUT ME
このブログの運営者 | 妹尾 拓東
海外インターン・留学のマッチングサイト【ACQUIRE】、通信制高校サポート校【bグローバル国際高等学院】、英会話スクール【bグローバルアカデミー】を運営しており、学びの在り方が変わった今こそ、『好きなタイミングで、好きな学び』が出来るように、その時代に合わせた学び場を当ブログをベースに作っています。
海外インターン・留学なら『 ACQUIRE』


ACQUIREは、世界30ヵ国以上への留学、100社以上へのインターンシップのマッチングサービスを運営しています。一人ひとりにぴったりな留学先・インターン先をご案内出来るように、常に情報をアップデートしています。

ACQUIRE公式サイトを見る

あわせて読みたい