英語勉強法

【量より質が大事】正しく読んで、リーディングスキルを上げる

未知の言語を解読しようと試みるとき、まず何をすべきでしょうか。大量に意味の分からない文字を追い続けることほど、疲れるものはないでしょう。一方で、文字列から規則性を見出すことはそう難しくはないのも事実です。

どの言語にも通用する話ですが、文章構造や単語の用例を丁寧に、正確に理解するために、いわゆる「精読」を行うことが必須になります。もちろん英語の場合でも、リーディング能力を高めるために精読は欠かせません。

聞き流すより一歩踏み込む精読

最近、英語の学習法として、ドラマやリスニング教材を聞き流す方法があります。単純明快な同じ構文を何度も音声とテキストを追いかけることでリーディングとリスニングを組み合わせ、無意識の中に英語を刷り込もうとする学習法です。

これと全く反対向きの学習法が「精読」による丁寧な文章読解になります。

読解力を身につけるうえで必要なことのなかに、「とにかく単語を詰め込めば良い」とか「特定の構文を暗記する」といったことは含まれません。ごく僅かな英文だとしても、まずは構文と文法を意識しながら、すぐに頭に出てこないものであれば辞書を丁寧に引くところから始めてみましょう。

正確なリーディングは、英文の速読や多読といった日常生活に英語を使うための確かな基礎になっていきます。

精読まとめ

圧倒的にインプットする量を増やすことで学習する方法とは異なり、少ない文章だったとしても、文章の構造と文法を細かく理解して学習を進める方法が精読になります。

この地道な作業を積み重ねることで、スピードが自然と上がり、きちんと文章を理解できるスキルが身につきます。

英語は、『読み、書き、聞き、話す』の4つの分野に分かれており、それぞれの分野で効率良く伸ばす方法が異なります。今回は、リーディング(読み)分野の正しい学習方法の紹介となりますので、是非試してみてください。

定期的に試験を受けて現状を把握する

リーディングについては、コツコツと積み重ねることが非常に大切なので、毎日少しずつでもいいので、文章を読み続けることがポイントです。また、定期的に英検やTOEICの試験を受けながら、レベルを把握しておくと、モチベーションアップにもなります。

【決定版】自分にぴったりの英語試験ー6選まとめ学生時代に英検やTOEIC等の英語試験を受験された方も多くいるのではないでしょうか。英語試験と言っても、種類は様々ですし、また難易度や料...
【2020年度保存版】英検対策のオススメ教材英検とは 英検は、年間で約250万人以上が受験している事もあり、日本で一番知名度が高い英語試験と言われています。小学生から大学生、...

精読を身に着けてライティング、英会話へ繋げよう

英文を精読する習慣がつけば、実際にセブ留学に行きましょう!現状、英語を短期的に一気に伸ばす国は、セブ留学がオススメです。欧米留学とは異なり、1日英語漬けの環境となり、また1日の半分以上はマンツーマン授業で構成されているので、効率良く学習を進めることができます。

マンツーマンだからこそ身に付く! セブ留学の英語学習法最近、リーズナブルに英語留学ができる国としてフィリピン・セブ留学に熱い視線が注がれています。特に、セブ留学の特徴は、生徒1人に対して講師...

セブ留学で一気にレベルアップ

セブ留学は、毎週日曜日が入学日となり、1週間単位で留学に行くこととができる為、社会人の方でもお盆休み、年末年始などでも行かれる方が多いです。セブ留学がここ数年で一気に人気が上がった理由として、いくつか理由があります。

①英語人口が世界第3位
②留学費用が安い(欧米の半額以下)
③マンツーマン授業(1日の授業の半分)
④語学学校と滞在先が一体型の環境(通学時間ゼロ)

リアルな英語はアジアで学べる!?『セブ島留学』のメリットここ数年の英語留学事情において特徴的なのが、『セブ島留学』の人気が高まっていること。しかし、フィリピン・セブ島は東南アジアに位置し、セブ...

セブ留学でマンツーマン授業をこなしていくと、自習が早く進むことに驚くことでしょう。セブ留学中の授業の中で講師と会話した内容のメモを精読するだけでも、その日の改善点やアクセント、会話の組み立て方が見えてくるようになります。

精読によって培われたリーディング能力は、実践環境で役に立ちます。本当に英語を身に着けたいならば、英文の精読をする習慣を作ってから留学をしましょう。

また、精読を続けていく内に自然と1回当たりの学習負荷は軽くなり、心理的な面でも英語と接するのがになります。

留学の時間を濃いものにするなら、事前に出来る準備をしておくことは大切です。特に英語力は毎日の生活において必須となるものなので、身につけておいて損にはなりません。しっかりと下地を作ってからの留学をオススメします。

【準備が全て】英語の伸び率は、セブ留学前に決まる?!フィリピン・セブへ英語を学びに語学留学する前に、改めて英語を学ぶことは有用です。もちろん、目的や現在の英語力によって英語の学習方法は変わ...

セブ留学が終われば、マレーシアインターンへ!

セブ留学で一気に英語の基礎を作り上げたあとは、身につけた英語をアウトプットしに行きましょう!基本的に全てのことに共通しますが、『インプットとアウトプット』のバランスが大切です。セブ留学でしっかりインプットを終えれば、マレーシアインターンアウトプットを徹底的に行い実践的な英語力を身につけていきます。

①実践的なアウトプット環境がある
②滞在コストが安い
③治安が良く、親日家が多い
④多民族・多宗教国家
⑤14年連続、日本からの移住先No1

マレーシアの特徴をいくつか上げてみましたが、特に多民族ということについて、中華系、インド系、マレー系など様々です。その為食事の種類も多く、食生活に困ることはありません。

マレーシアが最強のインターンシップ先である理由マレーシアという国 マレーシアという国は、東南アジアの中心に位置しており、『アジアの優等生』として知られています。今回の記事では、...
公式LINEでの相談も受け付けています!スマホからの登録方法 スマホでこの記事を読んでいる場合、 下記の友達追加ボタンを押すと、『海外留学・インターンACQUIRE』が出て...

セブ留学のお問合せはこちら

ABOUT ME
このブログの運営者 | 妹尾 拓東
海外インターン・留学のマッチングサイト【ACQUIRE】、通信制高校サポート校【bグローバル国際高等学院】、英会話スクール【bグローバルアカデミー】を運営しており、学びの在り方が変わった今こそ、『好きなタイミングで、好きな学び』が出来るように、その時代に合わせた学び場を当ブログをベースに作っています。
海外インターン・留学なら『 ACQUIRE』


ACQUIREは、世界30ヵ国以上への留学、100社以上へのインターンシップのマッチングサービスを運営しています。一人ひとりにぴったりな留学先・インターン先をご案内出来るように、常に情報をアップデートしています。

ACQUIRE公式サイトを見る

あわせて読みたい