キャリア・転職活動・人生

【結果的に】海外留学に行く意味ってあるの?

海外留学・インターンシップで学べる事


海外留学、海外インターンシップに行くといっても、皆んなそれぞれ目標は様々です。『外資系への転職』、『起業』、『英語関係の仕事をしたい』、『海外での経験が積みたい』、『国際ボランティアに参加』、『東南アジアで孤児院を作る』、『大学進学』、『日本のグローバル化に備えたい』など、これまで私が海外留学や海外インターンのサポートをさせて頂いたお客様の目標の一部です。明確な目標があって、それを達成する為の一つの作業として留学、インターンシップに行く人もいれば、ざっくり海外での経験を積みたいという目標の人もいます。それぞれが時間とお金を費やして、シンプルに自分のやりたい事を達成しようとしているので、どの目標が良い、悪いではありません。
では一般的に、海外留学やインターンシップで学べる事って何でしょうか。

語学力

まず語学力ですよね。これは、海外留学をする上で、ほとんどの人が目標としているスキルではないでしょうか。何をするにしても、語学力がないとスムーズに進みません。もちろん、語学力がなくたって出来る事はたくさんありますが、現地の人とのコミュニケーションや異文化理解といった部分は、体で感じる以上に語学力は大切です。最近、短期間でも成果を伸ばせる留学先として『セブ留学』が爆発的に伸びています。

セブ留学で英語力を身につけてから、ワーホリに行ったり、インターンシップに参加する、『2カ国留学』が定番になりつつあります。このように、語学力は最低限ありきなので、まずは、語学力を上げる為にセブ留学に行くのはオススメです。

コミュニケーション能力

次に、コミュニケーション能力の向上です。特に海外留学やインターンに行くと、語学力を向上させる事はもちろんなのですが、留学先・インターンシップ先には様々な学生が同時に参加しています。また、学生寮やホームステイ、コンドミニアム等、どの滞在先タイプでも1人部屋でない限りは共同生活をする事になります。日本と違う留学先で、日本人以外との共同生活をする事に最初は戸惑う学生も多くいます。しかし、多国籍な環境での共同生活も留学やインターンの醍醐味の一つです。今までの生活での当たり前や常識が、海外に出ると通用しなくなります。この感覚は出来る限り早い段階で掴んでおく事をお勧めします。

これからのグローバル社会では、日本人だけで完結出来る仕事や世界がほぼなくなります。その環境がすぐ目の前まで来ているので、どの国の人とも自分の常識を当てはめて話すのではなく、柔軟にコミュニケーションが取れる人材が非常に重要になります。

異文化について

そして、異文化理解です。コミュニケーション能力と似ている部分でありますが、具体的にそれぞれの文化について理解をする事が大事です。グローバル社会になると、日本人以外の人と働くことが普通になり、それが当たり前になります。現実問題として、少子高齢化が進む日本では、海外からの労働に頼らざる得ない状態がどんどん進んでいます。実際にその環境で、語学力があって、コミュニケーションが取れたとしても、お互いの文化を理解しない限り、関係性は上手く構築されません。特に、日本のように一神教ではない国にとっては、異文化理解や宗教について、普段の生活でそこまで意識していない分、理解出来るまで時間がかかります。

実際、私の会社には、バングラデシュ人とフィリピン人のハーフの2名が外国人枠として働いています。特にバングラデシュ人スタッフについては、イスラム教なので、1日数回のお祈りがあったり、豚肉やアルコールを取らないルールもあります。その為、お祈りのスペースを確保したり、ハラル専用フードのお店を紹介したりなど、最初はとにかく気を使っていました。英語が堪能である事よりも、これを理解する事がグローバル化の第一歩だと思います。

自分の中での発見

海外留学やインターンで、『語学力』・『コミュ力』・『異文化理解力』を学べる事は分かりましたが、最後は、『自分の中での発見』です。これは人それぞれ発見する内容が異なりますので、自分の留学経験で感じた事や経験した事を上手く活かせるようにしておけば良いと思います。
例えば、私自身が海外留学で感じた事は、『日本以外にも、そこまでストレスを感じる事なく生活出来る場所がある』という事です。日本が合わなかったら、海外に行けばいいか。と思えた事が個人的には良い発見が出来たと思います。

海外留学で役立つ事


さて、海外留学やインターンシップで学べる事はある程度分かったと思いますが、実際に学んだ経験やスキルが、留学後に役立つのでしょうか。役立つ可能性がある事を大きく3つに分けてあります。一つずつ見ていきましょう。

就職活動

転職活動はそれなりに有利にはなります。先程も説明しましたが、これからの日本は人口減少が加速することで、海外からの労働に頼らざる得なくなります。そんな時に役立つスキルとしては、外資系、日系企業に関わらず、『どんな人とも上手くやれる力』が非常に重要になります。語学力も大事ですが、コミュ力や異文化理解がきちんと出来る人は、どこの企業でも重宝されます。
人生1-2回の転職が当たり前となった今は、会社での『業務フローに詳しい』、『社内政治に明るい』といったスキルは重要ではなく、その都度状況に合わせたスキルを身に付けられる力が大切です。

人生の選択肢が増える

海外にある程度の期間滞在していると、日本での生活だけが全てはないと気づきます。むしろ日本を出たいと思う人も比較的多くいるはずです。また、日本を出たからこそ改めて気づく日本の良さもあります。海外留学やインターンに行くことで、色々な選択肢を持てるようになります。人生100年時代、一つでも多くの選択肢を持つことが、自分の人生をより豊かにしてくますので、時間やお金を費やしてでも海外留学、インターンに行くことは、自分にとって良い経験になります。

様々な状況での適応力

海外留学、インターンに行っていると、予想外のトラブルもつきものです。100人行けば、100通りのトラブルを経験します。そのトラブルを経験すればする程、適応力が向上し、ある程度の事では動じなくなります。これは、具体的に何に役立つかというよりも、トラブルに対して冷静に対処し、次の行動に素早く対応することが出来るようになります。

結果的に、海外留学に行く意味はあるの?


結果的に、海外留学に行く意味はあるのか。ということについて、日本の現状を把握し、将来を予想すれば、取るべき行動はおのずと見えてくると思います。それは必ずしも海外留学やインターンシップに行くという訳ではないですが、少なくとも、語学力・コミュニケーション能力・異文化理解といった部分は必要となるスキルであります。

日本の人口推移を見る


なぜ、グローバル人材が必要なのか、グローバル人材とは何なのか。こういった話はよくされていますが、それは、人口推移を見れば理由が分かります。日本の人口は2004年をピークに今後100年間で100年前(明治時代後半)の水準に戻っていくと言われ、2050年には9,515万人、約3,300万人減少すると予想されています。高齢人口については、約1,200万人増加するのに対し、生産人口は約3,500万人、若年人口は約900万人減少。その結果、高齢化率は約20%から約40$に上昇します。

日本の現状を知り、将来を予想する

日本の現状は、『人件費が高い』、『加速する少子化問題』、『加速する高齢化問題』と言われており、この解決策としては、『海外人材の確保』が最重要視されています。そうなると、海外事情が分かる人であったり、調査出来る人が重要になりますので、そういった部分では、海外留学、インターンの経験が活かせるチャンスはあります。『日本人だけでは労働や浪費が成立しなくなる』ので、例えば、外国向けに売れそうなプロダクトを作っている会社に就職したり、外資系で働いてドル建てで給料を貰うなど、どちらにしても、海外に目を向けて行動をしたり、日本を外側から見たりなど出来る人が生き残っていくでしょう。

要点まとめ

いかがでしょうか。海外留学やインターンシップに行くことは、シンプルに一つの経験として行くだけではなく、日本の将来に合わせた働き方をする為の一歩でもありますので、長い目で見て必要だと思う人は是非参加して下さいね!

お問合せはこちら

ABOUT ME
このブログの運営者 | 妹尾 拓東
海外インターン・留学のマッチングサイト【ACQUIRE】、通信制高校サポート校【bグローバル国際高等学院】、英会話スクール【bグローバルアカデミー】を運営しており、学びの在り方が変わった今こそ、『好きなタイミングで、好きな学び』が出来るように、その時代に合わせた学び場を当ブログをベースに作っています。
海外インターン・留学なら『 ACQUIRE』


ACQUIREは、世界30ヵ国以上への留学、100社以上へのインターンシップのマッチングサービスを運営しています。一人ひとりにぴったりな留学先・インターン先をご案内出来るように、常に情報をアップデートしています。

ACQUIRE公式サイトを見る

あわせて読みたい