キャリア・転職活動・人生

【リモートワークを効率的に】進めるアイテム3つを紹介!

働き方改革が進み、リモートワークや在宅勤務も当たり前になりつつあります。

つまり、これまでのメンバーシップ型雇用ではなく、ジョブ型雇用に切り替わり始めるということになります。

ジョブ型雇用とは、簡単に言うと、成果主義です。仕事に対して、対価を得るという働き方です。一般的には外資系企業が、ジョブ型雇用の典型です。

【ジョブ型雇用とメンバーシップ型雇用】の違いを徹底比較します。働き方改革に伴い、日系企業の特徴でもある「日本的雇用」、つまり、「終身雇用制度」や「年功序列制度」を見直そうという動きがあります。これま...

今回の記事では、リモートワークをより快適にする為のアイテムを紹介します。リモートワークをしている人は参考にして下さい。

リモートワークを効率的に進めるアイテム「3つ」を紹介します!


リモートワークができれば、世界中どこでも働くことができるので、余計なストレスを感じることなく、仕事に集中することができます。

リモートワークのメリット

①世界中で働くことができる。
②複雑な人間関係から解放される!
③効率的に仕事を進めることができる。可処分時間を増やせます。

【リモートワークって実際どうなの?】メリット・デメリットを解説します。働き方改革が進み、リモートワークや在宅勤務を推奨する企業が増えてきました。今回の記事では、リモートワークの"特徴、給料、勤務時間"などを...

リモートワークを効率的に進めるアイテムを紹介します。これらのアイテムがあるかないかで、仕事の効率性も変わりますので、持っていない人はポチッとしましょう。

リモートワークにオススメのアイテム

①ワイヤレスイヤホン
②アップルウォッチ
③タブレット

①ワイヤレスイヤホン

まず、欠かせないアイテムは、ワイヤレスイヤホンです。

ワイヤレスであることで、使うたびにコードを付けたり外したりする必要がないですし、どこかに引っかかる心配もいりません。

一度使うと、コードタイプのイヤホンに戻れません。

ワイヤレスイヤホンは、様々なブランドがありますが、王道のApple製品であったり、元Googleのエンジニアが立ち上げたAnkerというブランドなどがあります。

Appleが販売しているAirpods(エアーポッズ)です。

オススメポイント

①耳に装着すると、自動接続
②iPhone、Apple Watch、iPad、Macとも連動
③Siriの利用が可能
④ワイヤレス充電

Ankerが販売しているSoundcore Liberty Air2です。Apple製品と比較しても、同等のクオリティなので、コスパ抜群です。

特徴的な機能として、特定の周波数帯域における音の聞き取りやすさを測定し、自分だけのHearing Profileを自動で作成可能です。

オススメポイント

①耳に装着すると、自動接続
②専用アプリあり
③HearID機能で、自分だけの音質を自動で作成
④ワイヤレス充電
⑤ノイズキャンセリング

②アップルウォッチ

 
2つ目は、Apple Watchです。最新バージョンは、シリーズ5です。

オススメポイント

①Airpodsとのリンクがスムーズ
②アクティビティー機能
③目的に合わせたアプリ設定が可能
④キャッシュレスの支払い機能付き

特に、アクティビティー機能では、「ムーブ」、「エクササイズ」、「スタンド」の3つのアクティビティーリングが、1日を通じた動きを測定します。

スマホ機能をApple Watchに集約することで、Airpodsで音楽を聞きながら、エクササイズをすることができます。

スマホを持つ必要すらなく、通知も通話などもApple Watchで完結することができます。

③タブレット

そして、最後にタブレットです。

iPadを筆頭に、電子書籍専門のAmazon Kindleなど、用途に合わせて使い分けができます。

AmazonのKindleは、電子書籍専門のタブレットです。

オススメポイント

①読み放題プランがある
②全ての本を集約できる
③持ち運びも便利

Apple好きは、Mac Book、iPhone、そしてiPadというセットで買い揃えます。

全ての端末が、AppleIDでリンクしており、作成中のデータも瞬時に引き継ぐことが可能です。

電子書籍の閲覧はもちろん、youtubeなどのアプリ、ネット検索など、ノートPCとほぼ同じように使うことができます。

リモートワークをするときに注意すること


リモートワークで役立つアイテムを紹介しましたが、いかがでしょうか。

効率的にリモートワークを進めるには、アイテムを上手く使うだけではなく、いくつか注意するポイントもあります。

リモートワークで気をつけること

①作業をするときは、オフラインにする
②時間をブツ切りにして、タスクを割り振っていく

①作業をするときは、オフラインにする

リモートワークは、常にオンラインで何かと繋がっている状態なので、便利ではありますが、作業の邪魔になってしまうこともあります。

例えば、ついついyoutubeを見てしまっていたり、誰かとチャットしていたりなど、

作業が止まってしまうことも、リモートワークだからこそあったりします。

そうならない為に、作業をする時は、関係のないものは全てオフラインにして、作業に集中するようにしましょう。

②時間をブツ切りにして、タスクを割り振っていく

リモートワークの場合は、オフィスで仕事をする時とは異なり、勤務時間が曖昧になりがちです。

仕事を延々にやり続けることもできますので、その日にやるべきタスクをリストアップし、時間をブツ切りにしながらこなしていきます。

リモートワークの場合、一つ終われば少し休憩を取ったりしながら、集中力を常に高い状態でタスクに取りかかれるようにしましょう。

副業ブログの相談は、オンラインサロンで受け付けています

【ブログ部屋】オンラインサロン開設しました。『無料メンバー受付中』【ブログ部屋】というオンラインサロンを開設しました。 これまでのブログ運営の経験をベースに、これからブログを立ち上げようとしている...
ABOUT ME
このブログの運営者 | 妹尾 拓東
海外インターン・留学のマッチングサイト【ACQUIRE】、通信制高校サポート校【bグローバル国際高等学院】、英会話スクール【bグローバルアカデミー】を運営しており、学びの在り方が変わった今こそ、『好きなタイミングで、好きな学び』が出来るように、その時代に合わせた学び場を当ブログをベースに作っています。
海外インターン・留学なら『 ACQUIRE』


ACQUIREは、世界30ヵ国以上への留学、100社以上へのインターンシップのマッチングサービスを運営しています。一人ひとりにぴったりな留学先・インターン先をご案内出来るように、常に情報をアップデートしています。

ACQUIRE公式サイトを見る

あわせて読みたい