キャリア・転職活動・人生

【外資系企業に定年はあるの?】転職前に確認すべきポイントを解説します。

さて今回の記事ですが、結果主義の世界と言われる外資系企業に「定年はあるのか」ということですが、結論を言うと、定年まで働くことは可能です。ですが、日系企業のように、定年まで働くことをキャリアのゴールとして捉えてはいません。

日本では、終身雇用制度も終わり、働き方が大きく変わろうとしています。むしろ、このタイミングで、働き方を変えないと、気がついた時にはもう手遅れの状態になっている可能性もあります。

そうならない為に、外資系企業に転職をして、「行動力」と「実力」を身に付けたいと考える人が増えてきています。これからのキャリア戦略で『差』が出るポイントは、たった一つ、「行動ができるかどうか」これだけです。

【その安定の定義は古い?】人生・キャリアにおける昔と今の『ギャップ』早速なんですが、これまで外資系企業転職についての記事を書いてきましたが、そもそも、なぜ外資系企業への転職相談が増えてきたのかを、改めて解...

確実にこれからの社会では、一つの会社にダラダラと居ても意味がないので、「指示待ち人間」、「思考停止人間」は、自動化の波に飲まれ、「行動できる人」、「思考ができる人」だけが生き残る世の中になります。

外資系企業で、定年まで働くということは可能。ただ日系企業とは異なる考え方である。


ということで、日系企業と外資系企業では、仕事に対しての考え方が大きくことなります。外資系企業の特徴を改めて説明すると、このようになります。

①評価基準(完全成果主義)
→結果を出せば、若くても、女性でも昇給・昇格できる

②仕事に対しての姿勢(ON/OFFの切り替えをしっかりする)
→ワークバランスをしっかり調整できる

③教育、研修制度(充実していないことが多い)
→いずれ転職することを前提としている為、福利厚生が不十分

④給料・報酬(結果により増減する)
→結果ベースで全てが決まる(年功序列制ではない)

【完全解説】外資系企業と日系企業の違い『12選』まとめ日系企業の特徴でもあった「終身雇用」や「年功序列」というものは、終わりつつあります。社会人のキャリアの中で、一度や二度の転職は当たり前の...

具体的な考え方の違いとは・・・『給料やキャリアについて』

外資系企業の特徴を確認した所、次に外資系企業と日系企業の給料やキャリアについての考え方の違いですが、日系企業の場合は、終身雇用や年功序列が日本的雇用の特徴で、勤続年数が長ければ長いほど、役職や給料が上がっていきます。

一方、外資系企業では、完全に結果主義の世界の為、長く勤めていたとしても、役職や給料が上がることはありえません。役職や給料を上げるには、『結果を出すこと』これだけです。

逆に、結果を出しておけば、若くても、女性でも関係なく、役職や給料が上がりますので、結果次第でどんどんチャンスが与えられます。もちろん、結果を出さないと、給料は上がらず、むしろ減給される場合もあります。

ハードルが高いと感じる人もいると思いますが、これからの社会では確実に、このような世界に対応できる人だけが生き残っていきます。というのも、日系企業では、頑張っても、頑張らなくても、会社を辞めなければ、徐々に役職や給料が上がっていきます。

ですが、日進月歩で発展するIT技術や自動化がどんどん進めば、大半の社員は必要でなくなります。結論、誰でもできることは、機械やシステムがやっていくので、「指示待ち人間」、「思考停止人間」は、自動化の波に飲まれ、「行動できる人」、「思考ができる人」だけが生き残る世の中になります。

具体的な考え方の違いとは・・・『残業について』


次に残業についての考え方として、日系企業では、サービス残業が美徳でされており、結果を出さなくても、頑張っているだけで評価されることが多いですが、外資系企業では、真逆です。

『残業をしている人=仕事ができない人』という評価をされてしまいます。就業時間内に仕事を終わらして、ON/OFFをきちんと分けてることが大切なので、基本的に外資系企業では、残業をしません。

【頑張ってる評価は日本だけ?】無意味な残業はしない外資系企業の特徴をサクッと比較!日系企業の最大の特徴でもある「終身雇用」や「年功序列」が終わりを迎え、社会人のキャリアの中で、一度や二度の転職は当たり前の世の中になり、...

具体的な考え方の違いとは・・・『女性の働き方について』

外資系企業は結果主義の世界なので、結果を出せば、女性でもしっかり評価をしてくれます。その為、外資系企業では、女性の管理職が多いことも特徴です。また、先述した通り、外資系企業では、基本的に残業をしないので、仕事とプライベートのワークバランスを保つことができます。

【女性必見!】女性が外資系企業に上手く転職するコツ終身雇用制度も現実的でなくなり、転職を数回繰り返すこと自体が普通となった今、サラリーマンとして、フリーランスとして、起業家として、様々な...

『結論』外資系企業で定年で働くことについて

結論から言うと、外資系企業で定年まで働くことは可能です。ただ、結果主義の世界であるということです。日系企業とは異なり、20代であろうが、60代であろうが、結果を出しているかどうかで全ての判断がされます。

今の50代後半〜60代の世代は、なんとか定年を迎えて、年金を逃げ切れると思いますが、30代〜40代の世代にとっては、まずは、日系企業でも、外資系企業でも、定年までしっかりと働ける経験とスキルを身につけておく必要があります。

自動化によって、多くの仕事がなくなりますが、それと同時に多くの仕事が生まれていきます。この流れにきちんと乗っていけるように、常に努力を続け、行動し続ける姿勢が大事です。

外資系企業への転職を成功させるには?


外資系企業への転職を成功させるには、転職エージェントを利用することから始めましょう。外資系企業への転職は、基本的に「転職エージェント」を利用して入社することが圧倒的に多いです。

これも、外資系企業の特徴で、外資系の本質は、成果を上げることです。その為、成果を出す為にきちんと価値のある人材を募集していますので、転職エージェントに委託しているということです。

①外資系企業では、即戦力が求められますので、エージェントを使い、どんどん自分を売り込む必要があります。

②外資系企業自体が、自社で直接採用活動するのではなく、エージェントに募集のフィリルタリングを委託している場合が多い

特に、外資系企業は、仕事の時は猛烈に仕事をします。その為、採用活動についても、できる限りアウトソーシングをして、効率的に時間を使います。委託先のエージェントが紹介をしてきた人材のみを、面接するという流れが一般的です。

外資系企業での面接に向けてすること「4つ」

実際に外資系企業への面接に望む前に、次の点を意識して進めていきましょう。

①これまでのキャリアを振り返る
→職務経歴書は非常に重要です。この企業で「どう貢献できるか」を判断されます。
→どういう意図で、これまでのキャリア選択をしてきたのかを説明できるようにしましょう。

②転職エージェントの活用
→非公開求人も多くありますので、効率良く外資系企業を見つけることができます。

③面接で聞かれることを想定する
→面接をイメージしながら、自分をしっかりアピールポイントを確認する
→貢献できるということをアピールする

④企業研究を行う
→業界の動向を把握しておく

英語力に不安がある人は、オンライン英会話で英語力を一気にあげましょう!格安で受け放題のコースもありますので、日本にいながら英語力を確実にあげることが可能です。

【2021年決定版】本当に身に付くオンライン英会話5選オンライン英会話は、自宅にいながらでも始められる英会話の勉強法として一気に注目を集めています。ですが、オンライン英会話サービスは、種類が...

優良求人が多い転職エージェント3つを紹介

転職活動を上手くするには、転職エージェント選びが重要です。これから紹介する基準をベースに、おすすめの転職エージェントを紹介していきます。

①:優良求人数が多い
②:内定率が高い
③:求人情報を常に更新している

特に、求人情報は変動が多いので、常に情報をアップデートしている求人情報転職エージェントはおすすめです。

顧客満足度No1を多数受賞の【ネオキャリア】

ネオキャリアは、第二新卒・20代専門の転職エージェントで、1人当たり平均10時間の手厚いサポートで、転職サポートを行っています。内定まではもちろんのこと、入社後のアフターケアも安心です。

豊富な経験を持つキャリアアドバイザーが将来像や希望、適正を踏まえた上で求人を紹介してくれます。

また、ネオキャリアが紹介する企業は、キャリアアドバイザーが全て訪問し、おすすめできる企業のみを選定しているので、ミスマッチも少なく、効率的に転職活動を進めることができます。

ネオキャリアの公式ページを見る

迷ってる人は、日本最大級の求人数を掲載の『doda』がオススメ!

dodaは、大手・優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載している転職サイトで、毎週更新される求人特集や、定期的に更新される新着求人からあなたにマッチした求人の検索と応募が可能です。

職種、年齢、経験を問わず、さまざまな方にご利用いただけます。dodaのキャリア専門スタッフが、あなたの希望や適性に合った求人のご紹介をし、その求人数は、非公開求人を含む約10万件以上にもなります。

また、dodaが取り扱っている求人のうち、80%以上が一般には公開されていない非公開求人なので、自分では見つけることができない求人も、dodaに登録することで見つけることができます。

dodaの最大の特徴は、応募書類だけでは伝わらない人柄や志向を推薦状にまとめ、履歴書・職務経歴書に添えて企業にアピールすることで、選考通過を後押ししてくれるところです。

転職ならdodaの公式ページを見る

外資系・グローバル企業・ハイクラス転職なら【JACリクルートメント】

JACリクルートメントは、外資系企業や海外進出企業など、グローバル企業への転職のサポートに特に強みを持っています。

業界・職種に精通した総勢400名の転職コンサルタントが、求職者のこれまでの経歴、今後の展望をヒアリングした上で、適切な求人を紹介しています。

業界屈指の豊富な求人数を誇り、国内大手、外資系、海外進出企業など、JACだからこそ紹介できる優良企業を20代後半〜30代の方を中心に紹介しています。

JAC Recruitmentの公式ページを見る

企業面接で抑えるポイント!

何事でもそうですが、ある程度の『はったり』を言うことは大切です。自分で大きく出て、最終的に帳尻を合わしていくことで限界突破をすることができます。面接でも同様に、いかに自分を企業側に売り込めるかどうかです。採用させることで、企業にどれだけメリットがあるかをきちんとアピールするようにしましょう。

①意思表示をはっきりする。(YES/NO)
②アピールポイントをゴリ押しする。(エピソードトーク)
③自信を持ち、仕事ができる感をしっかり出す

面接では、遠慮をする必要はありません。どんなことができて、どんなスキルを持っているか、ハッタリ気味でもいいので、厚かましくやることも大切です。いかに企業側に将来をイメージさせることができるかが、採用を勝ち取るカギでもあります。

公式LINEでの相談も受け付けています!スマホからの登録方法 スマホでこの記事を読んでいる場合、 下記の友達追加ボタンを押すと、『海外留学・インターンACQUIRE』が出て...

転職相談こちら

ABOUT ME
このブログの運営者 | 妹尾 拓東
海外インターン・留学のマッチングサイト【ACQUIRE】、通信制高校サポート校【bグローバル国際高等学院】、英会話スクール【bグローバルアカデミー】を運営しており、学びの在り方が変わった今こそ、『好きなタイミングで、好きな学び』が出来るように、その時代に合わせた学び場を当ブログをベースに作っています。
海外インターン・留学なら『 ACQUIRE』


ACQUIREは、世界30ヵ国以上への留学、100社以上へのインターンシップのマッチングサービスを運営しています。一人ひとりにぴったりな留学先・インターン先をご案内出来るように、常に情報をアップデートしています。

ACQUIRE公式サイトを見る

あわせて読みたい