海外生活の豆知識

【フィリピン】SIMカードの購入&チャージの仕方

SIMカードとは

SIMカードは、簡単に言うとスマホに入っている番号チップのようなもので、SIMカードにそれぞれ固有のID番号が記録されており、それで通話やデータ通信(インターネット)が利用出来るようになっています。

SIMロックがかかっているスマホの場合は、そのスマホを契約しているキャリアのSIMカードしか読み込みが出来ませんが、最近は規制緩和が進み、SIMロック解除も簡単に出来るようになりました。

SIMロックを解除すれば、基本的にどこのキャリアのSIMでも読み込みが出来るようになる為、所謂、格安SIMがどんどん利用されるようにもなりました。SIMロックが解除されているスマホ(SIMフリースマホ)に、海外のSIMを入れて海外でも通話やデータ通信を行う方法を紹介していきます。

数日程度の旅行であれば、ポケットwifiを借りる方法もありますが、留学やインターンシップなどで中・長期間、海外に滞在する場合は、絶対現地のSIMカードを入れた方が費用的にも安く、便利に利用する事が出来ます。

ポケットwifiの場合は、データ通信のみ行う事が出来るので、基本的に通話は出来ません。

海外に出た時にデータ通信をする方法としては、

①ポケットwifiを契約する
②日本で使っているスマホを海外パケホプランに変更する
③現地でSIMを購入する
④現地にある無料のwifiスポットでネット接続をする

ぐらいになります。
今回の記事では、特に現地でSIMを購入する事に関して説明していきます。

SIMカードの種類


SIMカードは3種類のサイズがあり、『標準SIM』、『microSIM』、『nanoSIM』があります。現在販売されているSIMカードのサイズのほとんどは、nanoSIMが主流となっています。

フィリピンでSIMを購入するメリット


ではなぜ、海外での生活は、SIMカードを購入する方法が一番いいのか。

①ポケットwifiを契約する→×費用も高く、通話が出来ないので不便
②日本で使っているスマホを海外パケホプランに変更する→×費用が高い
③現地でSIMを購入する→○費用も安く、通話も出来る
④現地にある無料のwifiスポットでネット接続をする→×特定の場所のみ、ネット接続可能

という風に、費用的・利便的にも現地のSIMを購入しない手はないのです。

場所問わず、ネット接続が出来る

現地SIMを入れておけば、いつでも、どこでもネット接続や通話が出来、また、そこからデザリングをすれば、日本のスマホもネット接続が出来るので、ポケットwifi的な役割もしてくれます。

Grabタクシーを使うのも超ラクラク

Grabタクシーは、東南アジアでは主流のタクシー配車アプリです。Grabを利用してタクシーを呼ぶ際もネット接続は必須です。微妙な位置のズレでドライバーと合流出来ない場合でも、通話機能を使えば、すぐに見つける事も出来ます。

ポケットwifiの場合でも、Grabの利用は可能ですが、通話が出来ないので、若干の不便さがあります。(ポケットwifiも持たないといけないので、かさばります。)

設定の手間も無く、費用も安い!

SIMカードは基本的に、空港やコンビニ、ショッピングモールで購入する事が出来ます。ポケットwifiの場合だと、1日あたり約600円程度かかってしまい、且つ通話機能もありません。

現地でのSIMを購入すると、特に空港に販売しているSIMの場合は、7日プラン(約1,200円)、30日プラン(約2,400円)等、予め使い放題プランがありますので、そこから選ぶだけです。設定も店舗スタッフが全てやってくれますので、スマホを渡すだけ即時使用可能になります。

安定した通信速度

SIMカードは、現地通信会社の回線を利用しているので、4GやLTEの利用が出来る為、ポケットwifiよりもサクサク接続出来ます。

フィリピンのSIMの購入場所

フィリピンでSIMカードを購入出来る場所としては、

①空港
②ショッピングモール
③コンビニ

が主流です。

フィリピンの通信会社のキャリアはいくつかありますが、基本的には『SMART(スマート)』・『GLOBE(グローブ)』のどちらかで購入しておけば問題ありません。

空港の場合は、スマートやグローブのSIMカードのブースがありますので、そこで希望する日数の定額プランのSIMカードを購入すればOKなので、非常に楽です。(設定も行ってくれます)

マクタン・セブ国際空港でSIMカードを購入


マクタン・セブ国際空港の到着口を出ると直ぐに『SMART』と『GLOBE』のSIM販売ブースが隣り合わせであります。それぞれのブースでプランを選び、SIMを購入します。スマホを渡せば、スタッフが設定をしてくれます。


GLOBEのSIMブースです。プランは滞在日数やギガ数により異なります。
①6GB(5日間)ー300ペソ
②10GB(7日間)ー500ペソ
③13GB(15日間)ー800ペソ
④17GB(30日間)ー1,000ペソ


SMARTのSIMブースです。プランは滞在日数やギガ数により異なります。
①19GB(6GB+13GB)ー5日間ー300ペソ
②27GB(10GB+17GB)ー7日間ー500ペソ
③37GB(12GB+25GB)ー15日間ー800ペソ
④56GB(16GB+40GB)ー30日間ー1,000ペソ

ショッピングモールやコンビニ(セブンイレブン等)で購入する場合は、空港での購入とは異なり、SIMカードを購入して、プリペイドカードも購入し、そしてチャージしないといけません。
プリペイドカードを購入したら、カードの裏をスクラッチカードのようにコインで削り、PINナンバーを確認して、チャージするスマホから電話をかけて、設定をして・・・・・と。
数分で終わるのですが、超面倒な作業が待っています。
ですが・・・!

超簡単!フィリピンのSIM購入&ロードの仕方

私は基本的に空港でSIMを購入する事が多いのですが、今回の出張では急いでいて忘れてしまったので、コンビニで面倒なあの作業をしないといけないと思っていました。
いざ、セブンイレブンに行き、SIMカードを購入し、プリペイドカードを購入し、チャージをしようとすると、ATMのような機械が設置されており、そこでチャージが出来る事が分かりました!!今回は、セブンイレブンでのSIM購入&チャージの手順を紹介したいと思います。

まずは、SIMを購入!!


SIMカード自体は、40ペソで購入出来ます。キャリヤは、スマートで、LTEも確認!
下に記載がある、『Free300MB』+『700MB』というのは、このSIMをアクティベートすると300MB、最低30ペソをチャージすると700MBをゲット出来、合計1GBはフリーですよ!という案内です。

そして、専用機でチャージ


画面をタッチすると、電子マネーをチャージしたり、電子決済をしたり、いくつかサービスメニューが出てきます。ここでは、『LOAD(ロード)』を選択、そして、『SMART and TNT』を押して、次へ進む。

プランを選ぶ


プランが結構ありますので、ここからプランを選んで『NEXT』を押します。

電話番号を入力したら、ほぼ完了


プランを選んだ後は、チャージ(ロード)したい番号を入力します。

レシートが出てくるので、レジで支払い


プランを選び、電話番号を入力すると、レシートが発行されます。これを持ってレジでお支払いを済ませば、数秒後にメッセージがチャージしたスマホに届き、完了です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
案外簡単にコンビニでもSIMの購入&ロードが出来る事が分かりました!
SIMフリーのスマホがあれば、ポケットwifiをレンタルするより、断然こっちの方がお得なので、フィリピン留学、セブ留学をする際は、現地SIMの購入がオススメです。

ABOUT ME
このブログの運営者 | 妹尾 拓東
海外インターン・留学のマッチングサイト【ACQUIRE】、通信制高校サポート校【bグローバル国際高等学院】、英会話スクール【bグローバルアカデミー】を運営しており、学びの在り方が変わった今こそ、『好きなタイミングで、好きな学び』が出来るように、その時代に合わせた学び場を当ブログをベースに作っています。
海外インターン・留学なら『 ACQUIRE』


ACQUIREは、世界30ヵ国以上への留学、100社以上へのインターンシップのマッチングサービスを運営しています。一人ひとりにぴったりな留学先・インターン先をご案内出来るように、常に情報をアップデートしています。

ACQUIRE公式サイトを見る

あわせて読みたい