Webマーケティング・SEO

【WordPressプラグイン】BackWPupの有効化+使い方手順を解説【バックアップは必須】

ブログ初心者
ブログ初心者
WordPressでブログを立ち上げたんですけど、バックアップって取っておいた方が良いですよね? どうやってバックアップしておけばいいか教えて下さい。

このような疑問にお答えします。

本記事の内容

①BackWPupの機能を紹介
②BackWPupのインストールの仕方と有効化の手順
③BackWPupの使い方の手順

*本記事の信頼性

教育業界のWebマーケターを3年経験し、起業。現在は当ブログを軸に年間4,000万円以上の売上を出しています。Webマーケティングの中でも、SEOマーケティングは、わりと得意分野です。ブログを軸にサービス展開することをおすすめします。(ブログ収入+α)

今回の記事では、BackWPupプラグインのインストールと有効化の手順を紹介しつつ、

実際にWordPressのデータをバックアップしていく手順について解説をしていきます。

BackWPupを使えば、自動的にデータをバックアップしてくれますので、サクッと導入しておきましょう。

▼こんな人におすすめ
・WordPressのバックアップをしていない人
・WordPressを始めたばかりの人
・WordPressのデータをバックアップしたい人

このブログの人
このブログの人
WordPressの設定を編集していると、突然画面が真っ白になったことがある人も結構いると思います。回復できればいいですが、できない場合は結構面倒です。そんな時のために、BackWPupのプラグインを入れておけば、回復もスムーズなので、バックアップをしていない人は導入必須のプラグインです。

WordPressを使っている人にとって、BackWPupプラグインは導入しておいた方がいいプラグインの一つです。

初期設定だけしておけば、後は自動でバックアップしてくれるので、放置でOKです。

>>> 【決定版】WordPressのおすすめプラグイン8つ【有効化の手順解説】

とにかくブログで稼ぎたいという人は、まず3万円を目指しましょう。【月3万円コース】アフィリエイトで稼ぐために必要なこと【手順を解説】こちらの記事を参考にして下さい。

BackWPupの機能を紹介


BackWPupプラグインは、フォルダ、ファイル、データベースの中身を全てバックアップしてくれますので、

WordPressでウェブサイトを運営するのであれば、必須のプラグインです。

※BackWPupプラグインの主な機能

機能①:WordPressのデータベース&フォルダ、ファイルのバックアップ
機能②:バックアップの自動化が可能(毎日6時など)
機能③:バックアップデータのダウンロード可能
機能④:バックアップ時に通知設定可能

上記が主な機能です。

このブログの人
このブログの人
WordPressの場合は、データベースも利用しますので、フォルダやファイルだけではなく、データベースも含めてバックアップする必要があります。

BackWPupのインストールの仕方と有効化の手順


BackWPupのインストールの仕方と有効化の手順を解説していきます。

手順①:インストールの仕方
手順②:有効化の仕方

手順①:インストールの仕方

WordPressのダッシュボード(管理画面)から、「プラグイン」→「新規追加」をクリックします。

「BackWPup」と入力し、「今すぐインストール」をクリックします。

これで、BackWPupプラグインのインストールが完了です。

手順②:有効化の仕方

インストールが終われば、「有効化」をクリックします。

上記のようになっていれば、有効化が完了です。

BackWPupの使い方の手順


BackWPupのインストール&有効化が完了すれば、使い方の手順を解説していきます。

設定①:バックアップ自動化を設定する
設定②:実際にバックアップをしてみる
設定③:バックアップしたファイルをダウンロードする

BackWPupプラグインでは、手動・自動のどちらでもバックアップを取ることができますが、毎日6時とかに自動設定しておけばOKです。

設定①:バックアップ自動化を設定する

WordPressのダッシュボード(管理画面)から、「BackWPup」→「新規ジョブを追加」をクリックします。

<一般設定タブ>
・ジョブの名前を設定:BackupDailyとかでOKです
・バックアップファイルの保存方法:フォルダーへバックアップにチェック

「一般設定タブ」での設定は上記2つだけです。

<スケジュールタブ>
・ジョブの開始方法:WordPressのcronにチェック
・スケジューラー:任意の時間にチェック

バックアップの時間について、デフォルトでは、「午前3時」に設定されています。デフォルト設定のままの人が多く、レンタルサーバーへの不可が集中してしまうことがあるので、「午前3時」以外で設定しておくといいと思います。

BackWPupの設定は、ほぼこれで完了です。

<フォルダータブ>
・バックアップを格納するフォルダーの名前:このままでOK
・ファイルを削除:基本的にこのままでOK

「ファイルを削除」については、サーバー内に何件のバックアップファイルを保存するかということです。

一旦は、デフォルト設定で大丈夫です。

このブログの人
このブログの人
自動で毎日バックアップ設定をしていった場合、16日目に1日目のバックアップファイルが自動削除されるということですね。

その他の設定は、そのまま変更なしでOKです。

これで、自動バックアップ設定は完了です。

設定②:実際にバックアップをしてみる

自動バックアップ設定が完了したので、このまま放置しておけば、後は設定したスケジュールで自動バックアップが実行されます。

ただ、初回なので、1回目は手動でバックアップしてみましょう。

WordPressのダッシュボード(管理画面)から、「ジョブ」→「今すぐ実行」をクリックします。

「今すぐ実行」をクリックします。

上記で設定した「ジョブ」を実行すると、バックアップが始まります。

完了すれば、自動でサーバーにファイルが保存されています。

設定③:バックアップしたファイルをダウンロードする

バックアップが完了したファイルをダウンロードすることも可能です。

サーバーに自動で保存されていきますが、別途自分でGoogle Driveなどに保存したりなども可能です。

WordPressのダッシュボード(管理画面)から、「バックアップ」→「ダウンロード」をクリックします。

ダウンロードが完了すれば、任意のフォルダに保存すればOKです。

サーバーには、上記のように保存されていきます。

[/inruit/blog/wp-content/uploads/backwpup-52ffeb-backups]が保存場所です。

まとめ:BackWPupの有効化+使い方手順を解説

今回は、WordPressプラグイン「BackWPup」のインストール&有効化の手順から、初期設定の方法を解説しました。

初期設定だけしておけば、後は放置で大丈夫なので、サクッと導入しておきましょう。

>>>BackWPupを導入する

※WordPressのおすすめプラグイン8つ【有効化の手順解説】

【決定版】WordPressのおすすめプラグイン8つ【有効化の手順解説】 このような疑問にお答えします。 *本記事の信頼性 教育業界のWebマーケターを3年経験し、起業。現在は当ブログを...
ABOUT ME
このブログの運営者 | 妹尾 拓東
海外インターン・留学のマッチングサイト【ACQUIRE】、通信制高校サポート校【bグローバル国際高等学院】、英会話スクール【bグローバルアカデミー】を運営しており、学びの在り方が変わった今こそ、『好きなタイミングで、好きな学び』が出来るように、その時代に合わせた学び場を当ブログをベースに作っています。
海外インターン・留学なら『 ACQUIRE』


ACQUIREは、世界30ヵ国以上への留学、100社以上へのインターンシップのマッチングサービスを運営しています。一人ひとりにぴったりな留学先・インターン先をご案内出来るように、常に情報をアップデートしています。

ACQUIRE公式サイトを見る

あわせて読みたい