コラム一覧

マレーシアの治安は大丈夫?

今回は、マレーシアの治安や物価、その他基本情報をご案内してきます!

早速ですが、
そもそも、マレーシア自体あまり馴染みがない方も多いのではないでしょうか。

マレーシアという国は、
日本から約7時間ほどのフライトでいける、『東南アジア』にある国のうちの一つです。

最近では、マレーシア留学や、フィリピン留学などで、アジア熱が上がってきています!
また、マレーシアは、日本からの移住したい国ランキングで、10年連続でNo1に輝き続きており、
治安の良さや、暮らし易さが高く評価されています。

IT・観光立国として、
著しい成長を続けているマレーシアは、
次々に仕事が生まれていきます。

失業率が高い国は、治安が悪い傾向があるのと同様に、
仕事が多いマレーシアでは、そういった面で治安はその他の東南アジアよりも比較的に治安は良いです。

とはいえ、自己管理は、日本でも重要であると同様に、
マレーシアでも同じく気をつける必要があります。

海外旅行における最低限度のリスク回避さえしていれば、
特に危ない目にあうことなく、現地での生活は送れるでしょう。
(夜の時間帯や、人通りが少ないエリアでの女性の一人歩きは避けましょう)

次に、
マレーシアの物価については、
ざっくり、日本の1/3~1/5のイメージでいいかと思います。
もちろん、ものによってはそれより安いもの・高いものはありますが、
基本的には、全て安いという感覚で大丈夫でしょう。

特に、物価の点で、
語学学校としては、メリットになっています。
欧米にある語学学校の分校としてある語学学校は、
『マレーシア価格』で、欧米の語学学校のノウハウの詰まった授業を受けることができます。

その為、費用を節約したい方や学生には、最近人気の留学先として、
認知されて始めています。

・レストランやローカルフード・・・約300-500円程度
・電車・・・約30-50円程度(1駅の区間)
・タクシー・・・約90-100円程度(初乗り)で、学校からモールやレストランなどへは合計で300-500円程度で行くことが出来ます。

そして最後に、気候や文化についてです。

気候については

東南アジアの国であれば、ほぼどの国も同じ環境となり、
1年中、高温多湿の環境です。また、雨季シーズンもありますが、スコールのように短期的に雨が降り、
そしてすぐに止むため、特に滞在中や観光シーズンであっても、影響することはないでしょう。
ただ、服装はなるべく吸汗性が高い服装、ポロシャツなどをオススメします!

文化については

多民族国家であるマレーシアは、
マレーシア国内に、様々な宗教や文化を持った民族が共生しています。
互いに、干渉・否定することなく、尊重し合っているからこそ成り立つ社会です。

そんな中でも、『ルックイースト政策』により、マレーシアは親日国家と言われているほど、
我々日本人には、馴染みやすい環境が整っています。

多民族国家のマレーシアでは、
もちろん、語学学校の学生も様々な国から来ているために、
英語学習はもちろんですが、人とのコミュニケーションといった点で、国際力を養うことが出来ます。
その為、英語留学の人口は毎年増加傾向にあると同時に、
ジュニア世代から、マレーシアの小学校・中学校へ通わせる家族も増えてきています。

もう一つの点は、
多民族国家であるからこそ、
街中には様々な種類のレストランがあります。
マレー料理、中華、インド料理、日本食などなど、留学や長期滞在をしている方には
一番大事といっても過言ではない環境になっています。

マレーシアの魅力はこちら!

そんなマレーシアでの英語留学はいかがですか?

メリット・デメリットは、どこの国でもありますが、
必ず、英語力や国際力といった、今後必要になってくるであろうスキルを身に付けるなら、
まずマレーシア留学という選択は間違いないです!