コラム一覧

マレーシア留学で、どれくらい伸びるの?

《マレーシア留学での成果は一体・・・》

スタートレベルにもよりますが、

マレーシア留学に限らず、留学をする際に一番気になるのはやはりどれくらい英語力が伸びるのか。といった所でしょう。

または、自分が目標としているレベルまでは、一体どれくらいの学習期間が必要になるのか。といった所でしょう。

特に、日本人の場合は、文法特化型の教育ですので、
英検やTOEICは良いスコアを持っているけど、実践が・・・・という方が本当に多いです。

今回は、そういった方や、それよりレベルが低い方(TOEICなどの受験経験がない方)、いわゆる高校英語で止まっている方などが、留学した場合でご説明します。

《1ヶ月間 = 単語単語での会話が可能》

細かい文法などのミスは置いておき、知っている単語が増えるにつれて、
単語レベルでの会話が出来るようになります。

《2ヶ月間 = 英会話力の向上が見込める》

少し単語力がついてきた所で、単語を組み合わせて簡単な文章が作れるようになります。
『主語・動詞・目的語』のような、シンプルな文章であれば、ある程度のバリエーションが生まれます。

《3ヶ月間 = 会話に自信がつくので文章で話せるようになる》

英語を聞く・話すということについて、慣れてきた頃になり、
この頃になると、英語をかなり自信を持って話せるようになります。
ですが、まだまだ文法や単語力は満足なレベルではありません。

《4ヶ月間 = 日常会話が可能になる》

基本的な会話ができるようになります。
ある程度の文法や単語力もついてきて、自分の言いたい事は、
伝えられるようになります。

《5ヶ月間 = 通常の日常会話は問題なく話せるようになる》

日常で使う単語や文法を問題なく理解し、相手の話す内容も80%以上は理解出来、
意思疎通が問題なく出来ている状態。一人で旅行やホテル予約が出来、英語での生活に不自由がない。

《6ヶ月間 = ビジネス英語の取得も見込める》

新聞やニュース放送など、歴史的、文化的背景も理解した上で、
記事の内容が理解できるようになる。
仕事での商談などでも使えるレベル。

といったようなステップアップをイメージしていくといいでしょう。

正しい予算や期間についてはこちら!!

自分が今、どの段階にいて、
それから目指すレベルを逆算した上で、留学プランや期間を決めていくと、
スムーズにスタートを切れると思います。

人の能力の差や知的発見の差は、もともと大して変わらなくて、
必要なのは、『量』 。

インプットする量が増えれば、自然とアウトプットできる幅も広がるのと同じように、
英語に触れれば、触れるほど、触れた分だけ身につきます。

言語習得には長期になりますが、
毎日コツコツと努力をする事が重要です。