コラム一覧

マレーシア留学の次のステップ

マレーシア留学や、その他アジア留学・欧米留学をする事は、
以前と比較すると、情報も多く、そしてビザの緩和もあり、相当行きやすくなりました。

ただ、留学という一生に一度の方が多いビックイベントに挑戦することは、
大変良いことですが、帰国後の就職先や進路は、まだまだ整備されていない部分が多いです。。。

留学のカタチ(英語留学・インターンシップ・ワーホリなど)により、
今後の進路の予定はそれぞれ異なりますが、ほとんどの方は『英語を使って仕事に挑戦したい』と思ってるのではないでしょうか。

今回は、
マレーシア・アジア・欧米留学の次のステップをご案内していきます。

①インターンシップ

マレーシアはアジアの中でも著しい成長を遂げており、観光・IT大国と言われています。
そのため、各国から多くの企業が進出しており、インターンシップの受け入れも多く行われています。その中で働くことは、
マレー人含めて、多くの人とコミュニケーションを取ることになるため、人脈や対話力が一気に向上します。
そこで培った経験は、必ずどこかのタイミングで人生に役立つものとなります。

②国内就職

英語留学やインターンシップの経験を活かして、国内の英語需要のある企業への就職をします。
マレーシア通信では、国内就職のご案内も行っていますので、業種別に様々なマッチングを行っています。
オリンピック含めて、まだまだ英語を必要としているホテル、旅行会社など多くあります。
必ず、留学・インターンシップを活かせる場が見つかるでしょう。

③海外就職

そして最後に、海外就職への道です。
マレーシア通信では、国内就職だけではなく、海外就職(アジア圏)のお手伝いも行っています。

詳細はコチラ!

異国での経験を活かし、次はキャリアとして海外で経験を積みたい方にはうってつけです。
正社員雇用で、福利厚生もしっかりしている会社も多く、また、アジア圏での就職となるため、
業種によっては、様々な国へ営業や販売に出向く機会も多くあります。

留学・インターンシップで培った語学力や経験をふんだんに活かせる絶好の機会となります。

『インターンシップ』・『国内就職』・『海外就職』は、
今後さらにグローバル化にも伴い、需要も高まる傾向があります。

英語という言語が、必須スキルになりつつあるからこそ、
しっかりと準備をし、計画・実行をしていくことが重要になります。