コラム一覧

マレーシアの消費税

はい、表題通り、マレーシアの消費税についてののご案内です。
まずは、日本の消費税の歴史から見ていきましょう!

消費税の『導入』と『増税』の歴史

・大平正芳(1979年1月)・・・財政再建のため「一般消費税」導入を閣議決定。総選挙中に導入断念を表明したが、議席が激減。

・中曽根康弘(1987年2月)・・・「売上税」法案を国会に提出。国民的な反対に遭い、同年5月に廃案。

・竹下 登(1988年12月)・・・消費税法成立。

・竹下 登(1989年4月)・・・消費税法を施行。税率は3%。その後、リクルート事件等の影響で、退陣表明、同年6月に辞任。

・細川護煕(1994年2月)・・・消費税を廃止し、税率7%の国民福祉税の構想を発表するが、政権内の乱れ等で、発表翌日に撤回。

・村山富市(1994年11月)・・・消費税率を3%から4%に引き上げ。さらに地方消費税1%を加える税制改革関連法が成立。

・橋本龍太郎(1997年4月)・・・消費税率を5%に引き上げ。

・鳩山由紀夫(2008年9月)・・・「消費税率は4年間上げない」とするマニフェストで民主党が総選挙で勝利、政権交代を実現。

・菅直人(2010年6月)・・・参院選直前に「消費税10%」を打ち出し、選挙に惨敗。

・野田佳彦(2012年6月)・・・消費税率を2014年に8%、15年に10%に引き上げる法案を提出。8月10日、参院本会議で可決成立。

・安倍晋三(2014年4月)・・・消費税率を8%に引き上げ。

・安倍晋三(2014年11月)・・・2015年10月の消費税引き上げを1年半延期。

という形で、消費税の歴史があります。

マレーシアでは、
去年(2015年)までは、消費税がなく、2015年4月1日より消費税(Goods and Service Tax)が導入されました。
消費税は、6%となり、マレーシアに観光・商用などで訪問する外国人にもこの消費税は適応されます。
消費税の該当品目を購入する際は6%の消費税をお支払頂きます(※一部の食品や日用品には免税・減税対象品もあります)。
消費税導入に伴い、外国人旅行者に対し、マレーシア滞在中に購入した物品に対し、条件を満たしたものに対しては免税システム(TRS)を利用し、消費税の払戻手続きが可能です。

我々のように、観光や留学でいく側からすると、少しでも安く費用を押さえたいものですよね。
とはいっても、物価も安く、日本なんて8%の消費税ですから、それでもまだ安いと感じるでしょう。

そもそも、欧米留学に行く費用を大幅にコストカット出き、且つ欧米留学のクオリティでの授業を受けれるので、
かなりのお得感のある留学は、まだまだ出来ます!